top of page
  • info070711

いまごろ気付く><

3月6日の日曜までのまん延防止等重点措置が

延長されて、なぜ、21日の月曜までなんだろう?って

ずっと疑問に思ってたんですが・・・


21日って、春分の日で、休日だったんですね~

私は、普通にお店に出るので

今朝まで、気付きませんでした~><


って、まん延防止等重点措置中でも

結構人手は、多いですよ。


そうそう、毎月、多い時で2回来店される

Nさんが、2ヶ月以上ぶりくらいに来店されました。

どうしてるんだろう~?って、少し前から

気になっていたのですが、聞くと

Nさんが知らず知らず、コロナに陽性になって

家族4人もみんな陽性になって

自宅待機されていたそうです。

でも、重症化もなかったようで、良かった!!!


ただ、どこで、ウィルスをもらったか

わからないので、ほんとに、防ぐというのは

難しいですよね!


もう、一生懸命、病気に対抗できる体力をつけること!

これに限るなぁって思います。



最新記事

すべて表示

呼吸を意識して元気になる!【2】

ストレスが続くと、交感神経が過度に刺激されます。 ストレスは呼吸にも影響をあたえ、呼吸が非常に浅くなり 体に十分な酸素を運べなくなります。 その結果、すぐ疲れやすくなることや疲労感が続く原因となります。 また、睡眠時においては、ストレスによって胸式呼吸が多くなり 朝起きても疲労感が残っているといった症状も現れやすくなります。 腹式呼吸は、肺への負担が少なくなるだけでなく ゆっくりと息を吐くことで、

呼吸を意識して元気になる!

普段、無意識のうちに行われている呼吸ですが 深呼吸など、意識して行うこともできます。 改めてゆっくり、大きく呼吸をしてみることで、呼吸の大切さを 実感してみてください。 呼吸は、胸式呼吸と腹式呼吸に分けられます。 一般的に、日中は息を吸うと胸のあたりが膨らむ、 早く浅い呼吸の胸式呼吸を行っています。 その一方で睡眠時やリラックス時は、息を吸う時に お腹の膨らみを感じる腹式呼吸を行っています。 肺の

ストレスと栄養素

ストレスが、かかった時に、積極的に摂って欲しい栄養素があります。 糖・タンパク質・ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンC・鉄・カルシウム の7点です。 それぞれの働きは・・・ 脳と神経系は、糖質のみをエネルギー源とするため、 穀類やイモ類、果物や砂糖に含まれている糖の摂取が重要です。 ストレスにより、ノルアドレナリン、コルチゾールが分泌され続けると 体内のタンパク質(お肉や魚・卵・大豆類・乳製品類

Comments


bottom of page