top of page
  • info070711

お鼻のお話【2】

鼻の働きは、大きくわけて2つあります。


昨日は、1つ目の吸気の空調のお話でしたが、

もう一つの働きは「嗅覚」、つまり、においを感知することです。


鼻腔には、においを感知する細胞があり、

空気中の化学物質に反応すると、その刺激が

鼻腔上部の嗅球(きゅうきゅう=においを感知する神経系)に伝えられ

においとして認識されます。


脳は、嗅球からのにおいの情報を解釈し

その種類や強さなどを判断します。


嗅覚は、感染症やアレルギーといった疾患によって

障害をうけます。

この疾患で、鼻腔の中に、ポリープができると

においが届きにくくなり、嗅覚が衰える原因になります。


嗅覚障害があると、食事の味が薄く感じられるため

食欲不振や栄養不良につながることがあります。

また、ガス漏れや火災などの周囲にある危険な状況に

気付かないことがあります。


嗅覚は、五感の中でも、最も強く記憶や感情と結びついています。

例えば、太陽を浴びた布団のにおい、花火の煙の匂いから

あなたは、何を感じますか?


香りは、特定の場面や体験を思い出させると同時に

時に情動的な反応を呼び起こします。


感情や記憶の一番そばにある五感が嗅覚であり、

このことは嗅覚が様々な脳の部位と結びついていることを

示しています。

つまり、においには、脳に働きかける力があります。


嗅覚は加齢によっても自然に衰えてきますが

近年、サルコペニア(筋肉の衰えによる身体機能の低下)や

アルツハイマー型認知症といった、いわば老化が早く進みすぎる疾患の

患者様では、嗅覚の低下を伴う場合が多いことが判ってきています。


サルコペニアについては、嗅覚の衰えによる食事量の低下と

関連があり、認知症では病気の進行によって早くから障害を

受ける脳の部位(海馬=記憶を司る器官)が、香りと記憶の関連付けを

司っているからであると考えられています。


これらの疾患では、嗅覚障害は発症に先立って、現れます。

特に認知症では、90%以上の方が症状の初期段階で嗅覚障害を

示すとの報告があり、嗅覚障害が認知症の早期発見につながる可能性が

期待されています。


また、嗅覚を刺激する、つまり様々の香りを嗅ぐことで

認知症の進行を遅らせることができそうだといったことも

分かりつつあります。


嗅覚は聴覚や視覚に比べると、軽視されがちですが

特に高齢者の健康と密接なつながりがあることが

次第に明らかになっています。


しっかり鼻呼吸して、においを感じる毎日を送りましょう!




最新記事

すべて表示

体温を知る【2】

体温は、年齢による差があり、子供はやや高く、高齢者はやや低めです。 子供は、熱の放散が上手くいかず、発熱しやすい傾向にあります。 成長とともに、体温は少しずつ下がり、10歳ぐらいになると 一定の値になります。 その後、高齢になると、再び体温は、低下していきます。 高齢の方では、若いころの平熱とは違っている可能性もあるため 体調の良い時に体温を測り、自分の平熱を確認しておくとよいと思います。 また、

体温を知る

健康のバロメーターには、血圧や呼吸数、体温など 様々なものがあります。 中でも、体温は、家庭で測れる身近な体調チェックの手段です。 体温を知るということは、体調を知ることにもつながり、健康管理の為に大切です。 理想の体温は・・・ 体温は、高すぎるのも低すぎるのもよくなく 個人差はあるものの、理想とされる体温は 36.5~37.1℃とされています。 体温は体の部位によって、異なった値を示し 手足や皮

通風対策について

まず大切なのは、生活を見直すことです。 尿酸値が高い、通風発作が起こっている状態は 体のSOSです。 生活習慣を見直して、通風の発作予防や再発防止に努めましょう。 そこで、尿酸値が原因になりますので、 まずは、尿酸値を上げにくい生活習慣を取り入れてください。 ① 適度な運動を習慣にする。 尿酸を増やす肥満やストレス解消のためにも 積極的に体を動かすことを、習慣にして、尿酸値を下げましょう。 但し、

Comments


bottom of page