top of page
  • info070711

オーラルフレイル【2】

 オーラルフレイルのチェック項目が、6つあるので

チェックしてみてください。


① むせる・食べこぼす 

② 活舌が悪い・舌が回らない

③ 口が渇く・臭いが気になる

④ 柔らかいものばかり食べる

⑤ 自分の歯がない・あごの力が弱い

⑥ 食欲がない・少ししか食べない


1つでも、当てはまれば、歯と口の衰え、

つまりオーラルフレイルです。


ただし、フレイルと同じように、オーラルフレイルも

早めに発見して適切な対応を行うことにより改善できる状態ですので

口腔機能のケアをしましょう。


口腔機能のケアとしては・・・


定期的に歯科検診を受けて、口腔機能の低下を予防する。


噛みごたえのある食材を選んで、よく噛んで、食べることを意識し

食事の質を維持するようにしよう。


口腔機能の維持のために、「口腔体操」「歌を歌う」「早口言葉を言う」

「友人や家族とおしゃべりする」などをしてください。


口腔体操とは・・・

パタカラ体操といって、パ タ カ ラの発音の仕方で、口腔を鍛えれる体操です。


パ は、口周りの筋肉を鍛えることができます。

タ は、食べ物を飲み込む(嚥下)機能の維持に効果があります。

カ は、食べ物を飲み込んだ後、食道に送り込む練習になります。

ラ は、舌の筋肉を鍛え、食べ物を口の中でうまくコントロールすることができます。


パタカラを、力強く、発音することで、鍛えれます。


口の中の衛生状態を改善し、食べる機能を整えて

しっかり噛んで栄養を摂ってください。


胃腸機能の負担を減らし、健康維持にも、繋がります。

最新記事

すべて表示

体温を知る

健康のバロメーターには、血圧や呼吸数、体温など 様々なものがあります。 中でも、体温は、家庭で測れる身近な体調チェックの手段です。 体温を知るということは、体調を知ることにもつながり、健康管理の為に大切です。 理想の体温は・・・ 体温は、高すぎるのも低すぎるのもよくなく 個人差はあるものの、理想とされる体温は 36.5~37.1℃とされています。 体温は体の部位によって、異なった値を示し 手足や皮

通風対策について

まず大切なのは、生活を見直すことです。 尿酸値が高い、通風発作が起こっている状態は 体のSOSです。 生活習慣を見直して、通風の発作予防や再発防止に努めましょう。 そこで、尿酸値が原因になりますので、 まずは、尿酸値を上げにくい生活習慣を取り入れてください。 ① 適度な運動を習慣にする。 尿酸を増やす肥満やストレス解消のためにも 積極的に体を動かすことを、習慣にして、尿酸値を下げましょう。 但し、

痛風について【2】

痛風・・・・ 文字通りですが、どうして、そんなに痛いのでしょうか? 尿酸は、血液中に溶け込んでいます。 しかし、量が増えすぎると、溶けきれなくなった過剰な尿酸が 結晶化して、関節や組織に溜まっていきます。 運動などをきっかけに、この結晶が関節液中に はがれ落ちると、外敵から体を守る免疫細胞が はがれた結晶を異物と見なして、攻撃し、 激痛を伴う炎症を引き起こします。 これが慢性化すると、足の親指の付

Comments


bottom of page