top of page
  • info070711

サルコペニアについて

昨日、サルコペニアのお話がでたので、ご紹介したいと思います。


「ビンのフタが開けにくい」「青信号で横断歩道を渡れない」

といったことはありませんか?


加齢に伴い筋肉量が減少すると、寝たきりの引き金となる転倒や

骨折のリスクが高まります。

こういった高齢者の筋肉量が減少することを、サルコペニアと言います。


ギリシャ語で、肉・筋肉を意味する「サルコ」と

減少・喪失するを意味する「ペニア」を組み合わせた造語で

1989年より提唱され始めました。


加齢や疾患、栄養不足により、筋肉量が減少し

握力や下肢筋力などの筋力が低下している状態のことを指します。


歩くスピードの低下や、杖や手すりが必要になるといった

身体機能の低下も、サルコペニアの診断基準の1つです。


サルコペニアチェックしてみてください。


① BMIが、18.5未満

 BMIとは、体格を示す指数で、肥満度を表す数値として国際的に用いられています。


② 青信号で横断歩道を渡りきれない

③ ビンのフタが開けられない


①に加え、②、③も当てはまる方は、筋肉量や、筋力

身体機能が低下している可能性があり、注意が必要です。


指輪っかテストの方法は、また、明日以降に説明したいと思います。

最新記事

すべて表示

体温を知る【2】

体温は、年齢による差があり、子供はやや高く、高齢者はやや低めです。 子供は、熱の放散が上手くいかず、発熱しやすい傾向にあります。 成長とともに、体温は少しずつ下がり、10歳ぐらいになると 一定の値になります。 その後、高齢になると、再び体温は、低下していきます。 高齢の方では、若いころの平熱とは違っている可能性もあるため 体調の良い時に体温を測り、自分の平熱を確認しておくとよいと思います。 また、

体温を知る

健康のバロメーターには、血圧や呼吸数、体温など 様々なものがあります。 中でも、体温は、家庭で測れる身近な体調チェックの手段です。 体温を知るということは、体調を知ることにもつながり、健康管理の為に大切です。 理想の体温は・・・ 体温は、高すぎるのも低すぎるのもよくなく 個人差はあるものの、理想とされる体温は 36.5~37.1℃とされています。 体温は体の部位によって、異なった値を示し 手足や皮

通風対策について

まず大切なのは、生活を見直すことです。 尿酸値が高い、通風発作が起こっている状態は 体のSOSです。 生活習慣を見直して、通風の発作予防や再発防止に努めましょう。 そこで、尿酸値が原因になりますので、 まずは、尿酸値を上げにくい生活習慣を取り入れてください。 ① 適度な運動を習慣にする。 尿酸を増やす肥満やストレス解消のためにも 積極的に体を動かすことを、習慣にして、尿酸値を下げましょう。 但し、

Comments


bottom of page