top of page
  • info070711

ストレスと自律神経

強いストレスや度重なるストレスが続くと、頭痛や肩こり、胃潰瘍など

体に様々な影響が出て来ます。こうした症状が起きるのは、自律神経の働きが

深く関係しています。そんな自律神経について何回かに分けて

書き込みしたいと思います。


自律神経とは、意志で動かすことの出来ない神経で、内臓などの体の生理機能を

環境の変化や刺激などに応じて調整しています。


涙が出る、動悸がする、つばが出るなどは、自律神経によるものです。

自律神経のこうした調節は、脳からの指令を受けて行われます。


つまり、自律神経は、心と体を結ぶ役割としていると言えます。

例えば、びっくりすると、胸がドキドキしますが、これは、

自律神経の働きによるものです。


自律神経には、交感神経と副交感神経があり、それぞれが

アクセルとブレーキの働きをしながら、体の内部の働きを調節しています。


交感神経は『戦う神経』とも言われ、体を緊張状態にします。

副交感神経は『休息の神経』とも言われ、体をリラックスさせるように

働きます。びっくりすると、胸がドキドキするのは、交感神経が

優位に働いて、心臓の鼓動を速めるからです。

しかし、しばらくすると、普通に戻るのは、副交感神経が働くためです。

このように、交感神経と副交感神経は、必要に応じてバランスよく働いています。


ところが、ストレスの強い現代人は、交感神経が優位に働く時間が

長くなりがちで、体の緊張状態が長引いてしまいます。

その結果、交感神経と副交感神経のバランスが片寄りがちになり

様々な症状が出て来ます。


次回は、どんな性格の人がストレスに弱いかについて

書きたいと思います。

最新記事

すべて表示

漢方薬のお話

漢方薬は東洋医学の領域で、東洋医学の反対語のような言葉に 西洋医学があります。 この西洋医学は、投薬や手術といった方法で 身体の悪い部分にピンポイントでアプローチして治療していきます。 一方東洋医学では、体の本来備わっている自然治癒力を高め 患者自身が病気を治す手助けをすることを目的としています。 よく、勝手に治ったとおっしゃたことがあると思いますが それは、自然治癒力が働いたおかげなのです。 ち

眼精疲労の原因と予防

眼精疲労の原因で、一番多いのが、スマートフォンやパソコンなどの 画像表示端末機器を長時間使用する事による目の疲れです。 集中して、画面を見つめて、動きがない状態が続くと 眼球を動かすための7本の筋肉と、 ピントを合わすための水晶体の厚さを調節している筋肉が 筋肉疲労を起こすことが生じます。 また画像表示端末の作業で、まばたきが減り コンタクト装着だったり、エアコンの風が当たる環境などで 涙が蒸発し

眼精疲労

私達は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という「五感」を駆使して 生きるためにの情報をキャッチしています。 目を通じて得られる情報は、80~90%と言われているので 目は、非常につかれます。 目で物を見る仕組みは、目をカメラに例えることで わかりやすく説明出来ます。 角膜(目の一番外側の組織で透明)と水晶体(厚さ約4ミリ前後、直経約9ミリ で凸レンズの形状で無色透明)はピントを調節するレンズに、 網膜

Comments


bottom of page