top of page
  • info070711

ストレス対処法

①1日の疲れは、その日にとるように。

ストレスはあって当たり前です。柔軟に受け止め

生活に緊張状態とリラックス状態のメリハリをつけ

その日の疲れは、その日にとるようにしましょう。


②食事もリズムをとって。

バランスのとれた食事を決まった時間にたべるようにしましょう。

忙しいからと言って、食事を抜くのは、よくありません。

食事内容は、良質のタンパク質とカルシウムを豊富に含む

食品を摂りましょう。

また、ビタミンCが多く含まれる野菜や果物(果物の摂り過ぎは

果糖過多になるので、ほどほどに)などもお勧めです。


③一度に一つのことだけを考えて。

今、やらなければならないことに専念しましょう。

いろいろな問題を同時に考えると、ストレスの原因になります。

一つのことに集中し、あれこれ悩まないようにしましょう。


④毎日時間をみつけ、体をリラックスさせて。

音楽や絵画など自分に合った趣味を見つけ、毎日それらを

楽しむための時間を作りましょう。

簡単な体操を行うのも良いでしょう。


⑤自分のストレスを認識する。

最近はストレスに対する感受性が鈍くなり、

自分にふりかかっているストレスに気付かない人が増えています。

こういう人は「ストレスはない」と自分自身で信じきっているので

まずストレスがあることを認識して頂くことが重要です。

自分で意識して、体をリラックスさせる時間を持つようにしましょう。




最新記事

すべて表示

漢方薬のお話

漢方薬は東洋医学の領域で、東洋医学の反対語のような言葉に 西洋医学があります。 この西洋医学は、投薬や手術といった方法で 身体の悪い部分にピンポイントでアプローチして治療していきます。 一方東洋医学では、体の本来備わっている自然治癒力を高め 患者自身が病気を治す手助けをすることを目的としています。 よく、勝手に治ったとおっしゃたことがあると思いますが それは、自然治癒力が働いたおかげなのです。 ち

眼精疲労の原因と予防

眼精疲労の原因で、一番多いのが、スマートフォンやパソコンなどの 画像表示端末機器を長時間使用する事による目の疲れです。 集中して、画面を見つめて、動きがない状態が続くと 眼球を動かすための7本の筋肉と、 ピントを合わすための水晶体の厚さを調節している筋肉が 筋肉疲労を起こすことが生じます。 また画像表示端末の作業で、まばたきが減り コンタクト装着だったり、エアコンの風が当たる環境などで 涙が蒸発し

眼精疲労

私達は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という「五感」を駆使して 生きるためにの情報をキャッチしています。 目を通じて得られる情報は、80~90%と言われているので 目は、非常につかれます。 目で物を見る仕組みは、目をカメラに例えることで わかりやすく説明出来ます。 角膜(目の一番外側の組織で透明)と水晶体(厚さ約4ミリ前後、直経約9ミリ で凸レンズの形状で無色透明)はピントを調節するレンズに、 網膜

Comentarios


bottom of page