top of page
  • info070711

メタボリックシンドローム

最近、お腹が出ている・・・・・。

こんな方は要注意です。


現代人は、車社会や、デスクワークなどで

慢性的な運動不足や、栄養過多になりやすい環境のため

油断すると誰もがメタボリックシンドローム(メタボ)に

なる可能性があります。


生活習慣の見直しをしてメタボ対策をしましょう!


メタボリックシンドロームとは・・・


メタボリックシンドローム(メタボ)は、

「内臓脂肪型肥満」に加え、高血圧、血糖値が高い、

または脂質代謝異常(中性脂肪、善玉コレステロール(HDHコレステロール))の

3つのうち、いずれか2つ以上に当てはまる状態を言います。


ただ単に、ウエスト周囲が大きいだけということではありません。


必須項目は、内臓脂肪蓄積で、ウエスト周囲が、

男性85cm以上 女性90cm以上の方が、それに当たります。


高血圧においては、収縮期(最大)血圧が、130mmHg かつ/または

         拡張期(最小)血圧が、85mmHg


血糖値においては、空腹時血糖が、110mg/dl以上


脂質代謝異常においては、中性脂肪が、150mg/dl以上 かつ/または

            善玉コレステロール(HDHコレステロール)が、40mg/dl未満


この高血圧・血糖値・脂質代謝異常の3つのうち、2つが当てはまると

メタボリックシンドロームであることになります。


ここで・・・

なぜ、メタボに注意する必要があるのでしょうか?


実は、内臓脂肪がたまると、脂肪細胞から、糖尿病や高血圧、

脂質異常を引き起こす物質が多く分泌されます。


メタボの状態をそのままにしておくと、動脈硬化が進み

血管が詰まりやすく破れやすくなり、脳卒中や心臓病の危険性が高くなるからです。


明日は、メタボにならないためのことを、ご案内したいと思います。    

最新記事

すべて表示

漢方薬のお話

漢方薬は東洋医学の領域で、東洋医学の反対語のような言葉に 西洋医学があります。 この西洋医学は、投薬や手術といった方法で 身体の悪い部分にピンポイントでアプローチして治療していきます。 一方東洋医学では、体の本来備わっている自然治癒力を高め 患者自身が病気を治す手助けをすることを目的としています。 よく、勝手に治ったとおっしゃたことがあると思いますが それは、自然治癒力が働いたおかげなのです。 ち

眼精疲労の原因と予防

眼精疲労の原因で、一番多いのが、スマートフォンやパソコンなどの 画像表示端末機器を長時間使用する事による目の疲れです。 集中して、画面を見つめて、動きがない状態が続くと 眼球を動かすための7本の筋肉と、 ピントを合わすための水晶体の厚さを調節している筋肉が 筋肉疲労を起こすことが生じます。 また画像表示端末の作業で、まばたきが減り コンタクト装着だったり、エアコンの風が当たる環境などで 涙が蒸発し

眼精疲労

私達は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という「五感」を駆使して 生きるためにの情報をキャッチしています。 目を通じて得られる情報は、80~90%と言われているので 目は、非常につかれます。 目で物を見る仕組みは、目をカメラに例えることで わかりやすく説明出来ます。 角膜(目の一番外側の組織で透明)と水晶体(厚さ約4ミリ前後、直経約9ミリ で凸レンズの形状で無色透明)はピントを調節するレンズに、 網膜

Comments


bottom of page