top of page
  • info070711

メタボリックシンドローム【2】

メタボに鳴らないためには、まずは検診などで、体の状態を

定期的にチェックすることが、大切です。


内臓脂肪を減らし、ウエストを数センチでも、減らすことは

健康への近道です。


いきなり基準以下を目指さなくても、体重を3~4%ほど

減らすだけで、十分効果があります。


運動習慣、食生活、禁煙、睡眠やストレス解消など、生活習慣を

振り返ってみてください。


つぎに・・・

健康なダイエットで、適切な体重管理が大切です。

①毎日、体重を測る。

体重を増やす原因が分かります。

毎日同じ時間、同じ状況で測ることが重要です。


②食生活を見直す。

腹八分目を心がける、食物繊維を多くとること、

ゆっくりよく噛んで食べること、夜食やアルコールなどの

とり方を見直してみましょう。


③運動も大切。

ウォーキングや自転車こぎ、階段を上がるなどの

有酸素運動は、内臓脂肪を減らす効果が高い運動です。

また、テレビを見ながらの軽い腹筋・背筋などの

筋トレも効果的です。


極端な食事制限で体重を減らすと、脂肪だけでなく

筋肉量や骨量が低下してしまいます。

すると、体を安定して支えづらくなり

関節に負担をかけたり転倒しやすくなります。


筋肉量を減らさないように、食事と運動を組み合わせましょう。



最新記事

すべて表示

漢方薬のお話

漢方薬は東洋医学の領域で、東洋医学の反対語のような言葉に 西洋医学があります。 この西洋医学は、投薬や手術といった方法で 身体の悪い部分にピンポイントでアプローチして治療していきます。 一方東洋医学では、体の本来備わっている自然治癒力を高め 患者自身が病気を治す手助けをすることを目的としています。 よく、勝手に治ったとおっしゃたことがあると思いますが それは、自然治癒力が働いたおかげなのです。 ち

眼精疲労の原因と予防

眼精疲労の原因で、一番多いのが、スマートフォンやパソコンなどの 画像表示端末機器を長時間使用する事による目の疲れです。 集中して、画面を見つめて、動きがない状態が続くと 眼球を動かすための7本の筋肉と、 ピントを合わすための水晶体の厚さを調節している筋肉が 筋肉疲労を起こすことが生じます。 また画像表示端末の作業で、まばたきが減り コンタクト装着だったり、エアコンの風が当たる環境などで 涙が蒸発し

眼精疲労

私達は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という「五感」を駆使して 生きるためにの情報をキャッチしています。 目を通じて得られる情報は、80~90%と言われているので 目は、非常につかれます。 目で物を見る仕組みは、目をカメラに例えることで わかりやすく説明出来ます。 角膜(目の一番外側の組織で透明)と水晶体(厚さ約4ミリ前後、直経約9ミリ で凸レンズの形状で無色透明)はピントを調節するレンズに、 網膜

Comments


bottom of page