top of page
  • info070711

不眠症対策

不眠症は、大抵一時的なもので、生活習慣や生活環境の見直しで

解消する場合もあります。


そのうち、うつ病などと関連し、

ストレスの要因から発症する不眠症には注意が必要です。


私達はどのようにこのストレスに対処していけばよいのでしょうか?


①前向きの姿勢を心掛けましょう!

心の余裕は身体の余裕へ繋がっています。


②悩みごとは1人で抱えこまずに、周囲の人に相談しましょう!

アドバイスを得ることで、問題が解決に近づくこともあるはずです。


③自分の生活の中でオン・オフを上手に切り替えましょう!

スポーツや趣味、外出をするなど、普段の生活と異なった事をすることにより

心も身体も軽くなります。


比較的軽度の不眠症では、市販の睡眠改善薬で症状の改善もみられるでしょうが

うつ病などの心の病気が原因の場合は、病院で処方される抗うつ薬

(脳内のセロトニンの取り込み阻害剤など)でないと、

改善がみられないことが多くみられます。

タイプによっては、漢方薬が有効な場合もあります。


快眠のための7ヶ条として

1.毎日同じ時間に起きるようにする

2.就寝前にはパソコン・携帯電話などを操作しない

3.就寝前に消化の悪いものを摂らない

4.不眠を和らげる大豆食品やカルシウムを多く摂る

5.睡眠薬代わりに寝酒をしない

6.照明は消すが、完全に、真っ暗にもしない

7.ストレッチなどの激しくない運動を取り入れる


以上、出来ることは、取り入れてみてください。


最新記事

すべて表示

漢方薬のお話

漢方薬は東洋医学の領域で、東洋医学の反対語のような言葉に 西洋医学があります。 この西洋医学は、投薬や手術といった方法で 身体の悪い部分にピンポイントでアプローチして治療していきます。 一方東洋医学では、体の本来備わっている自然治癒力を高め 患者自身が病気を治す手助けをすることを目的としています。 よく、勝手に治ったとおっしゃたことがあると思いますが それは、自然治癒力が働いたおかげなのです。 ち

眼精疲労の原因と予防

眼精疲労の原因で、一番多いのが、スマートフォンやパソコンなどの 画像表示端末機器を長時間使用する事による目の疲れです。 集中して、画面を見つめて、動きがない状態が続くと 眼球を動かすための7本の筋肉と、 ピントを合わすための水晶体の厚さを調節している筋肉が 筋肉疲労を起こすことが生じます。 また画像表示端末の作業で、まばたきが減り コンタクト装着だったり、エアコンの風が当たる環境などで 涙が蒸発し

眼精疲労

私達は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という「五感」を駆使して 生きるためにの情報をキャッチしています。 目を通じて得られる情報は、80~90%と言われているので 目は、非常につかれます。 目で物を見る仕組みは、目をカメラに例えることで わかりやすく説明出来ます。 角膜(目の一番外側の組織で透明)と水晶体(厚さ約4ミリ前後、直経約9ミリ で凸レンズの形状で無色透明)はピントを調節するレンズに、 網膜

Comments


bottom of page