top of page
  • info070711

健康寿命を伸ばす方法は・・・

健康寿命を伸ばす方法の結論から言えば

「病気になるリスクを減らすための予防」を行うことです。


健康は「確率の問題」と言われています。


・食事や運動など健康に気を使っていたけれども、早死にした人がいる。

・タバコやお酒を好きなだけ嗜んでいたけども、長生きしている人がいる。


こういった方は、実際にはいますが、一部だと認識してください。


実際にできることは、「病気になる確率を減らす」行動を取ることです。


病気を回避して完全に0にすることはできなくても

なるべく病気を回避することは、努力でできるのです。


では、具体的には、何をすればいいのでしょうか?


厚生労働省が勧める健康寿命を伸ばす取り組みは4つあります。

① 歯の健康

② 糖尿病の防止

③ 減塩

④ 日々の運動として1日8000歩


健康は明日いきなり数値が改善することはありません。

「日々の意識の積み重ね」が大切です。


長く人生を楽しむために、今日から「何か」始めてみませんか?


歯を大切にするためには・・・歯のメンテナンス、毎日の歯みがきで

むし歯・歯周病を予防できます。


糖尿病にならないようにするためには・・・食事の見直し、

血流に良いものをとって、毒素は排出させましょう。


減塩するためには・・・醤油をポン酢に代える、味つけは薄めにするなど


8000歩、歩くためには・・・普段歩かないのであれば、

散歩を始めてはどうでしょうか?

最新記事

すべて表示

漢方薬のお話

漢方薬は東洋医学の領域で、東洋医学の反対語のような言葉に 西洋医学があります。 この西洋医学は、投薬や手術といった方法で 身体の悪い部分にピンポイントでアプローチして治療していきます。 一方東洋医学では、体の本来備わっている自然治癒力を高め 患者自身が病気を治す手助けをすることを目的としています。 よく、勝手に治ったとおっしゃたことがあると思いますが それは、自然治癒力が働いたおかげなのです。 ち

眼精疲労の原因と予防

眼精疲労の原因で、一番多いのが、スマートフォンやパソコンなどの 画像表示端末機器を長時間使用する事による目の疲れです。 集中して、画面を見つめて、動きがない状態が続くと 眼球を動かすための7本の筋肉と、 ピントを合わすための水晶体の厚さを調節している筋肉が 筋肉疲労を起こすことが生じます。 また画像表示端末の作業で、まばたきが減り コンタクト装着だったり、エアコンの風が当たる環境などで 涙が蒸発し

眼精疲労

私達は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という「五感」を駆使して 生きるためにの情報をキャッチしています。 目を通じて得られる情報は、80~90%と言われているので 目は、非常につかれます。 目で物を見る仕組みは、目をカメラに例えることで わかりやすく説明出来ます。 角膜(目の一番外側の組織で透明)と水晶体(厚さ約4ミリ前後、直経約9ミリ で凸レンズの形状で無色透明)はピントを調節するレンズに、 網膜

Comments


bottom of page