top of page
  • info070711

加齢と唾液量の関係

加齢とともに、唾液量は減っています。


成人は1日に、約1.5リットルの唾液を分泌していると

言われていますが、高齢者の唾液量は、20代の7分の1と言われています。


また、加齢による唾液分泌量の減少以外にも

高齢者は、様々な薬を服用していることが多く

その副作用により、唾液の分泌量がさらに少なくなる傾向にあります。


唾液の効果には、5つの作用があります。

・洗浄効果 口の中の汚れを洗い流す効果

・中和作用 酸性に偏った口の中を中性に戻す効果

・抗菌作用 口の中をばい菌から守る効果

・再石灰化 酸によって、溶かされた菌を元に戻す効果

・粘膜保護 口の中の粘膜を守る効果



ここで、唾液量がぐんぐん増える、唾液腺マッサージをお伝えします。

3つあります。


・耳下腺への刺激 耳下腺は、外耳(耳と耳の穴)の前から下で

そして、ほんの少し後ろ部分にあります。

①人差し指から、小指までの4本の指を頬にあてます。

②上の奥歯あたりを後ろから、前へ向かって回します。

約10回続けてください。


・顎下腺への刺激 顎下腺は、顎の奥の部分です。

①親指を顎の骨の内側の柔らかい部分にあてます。

②耳の下から顎の下まで、5ヶ所くらい順番に押します。

約5回続けてください。


・舌下腺への刺激 舌下腺は、顎の下の部分です。

①両手の親指を、顎の下に添えます。

②顎の真下から手を突き上げるように、グッと押します。

約10回続けてください。

最新記事

すべて表示

体温を知る【2】

体温は、年齢による差があり、子供はやや高く、高齢者はやや低めです。 子供は、熱の放散が上手くいかず、発熱しやすい傾向にあります。 成長とともに、体温は少しずつ下がり、10歳ぐらいになると 一定の値になります。 その後、高齢になると、再び体温は、低下していきます。 高齢の方では、若いころの平熱とは違っている可能性もあるため 体調の良い時に体温を測り、自分の平熱を確認しておくとよいと思います。 また、

体温を知る

健康のバロメーターには、血圧や呼吸数、体温など 様々なものがあります。 中でも、体温は、家庭で測れる身近な体調チェックの手段です。 体温を知るということは、体調を知ることにもつながり、健康管理の為に大切です。 理想の体温は・・・ 体温は、高すぎるのも低すぎるのもよくなく 個人差はあるものの、理想とされる体温は 36.5~37.1℃とされています。 体温は体の部位によって、異なった値を示し 手足や皮

通風対策について

まず大切なのは、生活を見直すことです。 尿酸値が高い、通風発作が起こっている状態は 体のSOSです。 生活習慣を見直して、通風の発作予防や再発防止に努めましょう。 そこで、尿酸値が原因になりますので、 まずは、尿酸値を上げにくい生活習慣を取り入れてください。 ① 適度な運動を習慣にする。 尿酸を増やす肥満やストレス解消のためにも 積極的に体を動かすことを、習慣にして、尿酸値を下げましょう。 但し、

Comments


bottom of page