top of page
  • info070711

呼吸を意識して元気になる!【2】

ストレスが続くと、交感神経が過度に刺激されます。


ストレスは呼吸にも影響をあたえ、呼吸が非常に浅くなり

体に十分な酸素を運べなくなります。

その結果、すぐ疲れやすくなることや疲労感が続く原因となります。


また、睡眠時においては、ストレスによって胸式呼吸が多くなり

朝起きても疲労感が残っているといった症状も現れやすくなります。


腹式呼吸は、肺への負担が少なくなるだけでなく

ゆっくりと息を吐くことで、自律神経を調節する(副交感神経を優位にする)

働きや、全身の筋肉を弛緩させる働き、そして横隔膜を上下させ

腹圧を変化することによる便通を改善する働きなどがあると

言われています。


就寝前には、腹式呼吸を数回して、布団に入ることで

自律神経を整え、落ちつかせる効果も期待できます。


呼吸法を取り入れた運動や、ダイエット方法が多く見受けられるようになりました。

内臓を刺激することや、あまり使われていなかった筋肉を使用することで

代謝が上がると言われています。


普段、無意識で行っている呼吸ですが、無意識だからこそ

気付かないうちに環境や生活習慣の変化で、変調を来している可能性があります。

運動やダイエットなどで呼吸を意識することで

無意識に行っている呼吸の大切さを改めて感じることが出来ると思います。


息という漢字の中に心という文字が入っているように

息(呼吸)と心(感情)は大きく影響しあっているのではないかと思います。

なるべくストレスをためず、しっかり「息抜き」をしてあげることが

元気の秘訣になるのではないでしょうか?


最新記事

すべて表示

漢方薬のお話

漢方薬は東洋医学の領域で、東洋医学の反対語のような言葉に 西洋医学があります。 この西洋医学は、投薬や手術といった方法で 身体の悪い部分にピンポイントでアプローチして治療していきます。 一方東洋医学では、体の本来備わっている自然治癒力を高め 患者自身が病気を治す手助けをすることを目的としています。 よく、勝手に治ったとおっしゃたことがあると思いますが それは、自然治癒力が働いたおかげなのです。 ち

眼精疲労の原因と予防

眼精疲労の原因で、一番多いのが、スマートフォンやパソコンなどの 画像表示端末機器を長時間使用する事による目の疲れです。 集中して、画面を見つめて、動きがない状態が続くと 眼球を動かすための7本の筋肉と、 ピントを合わすための水晶体の厚さを調節している筋肉が 筋肉疲労を起こすことが生じます。 また画像表示端末の作業で、まばたきが減り コンタクト装着だったり、エアコンの風が当たる環境などで 涙が蒸発し

眼精疲労

私達は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という「五感」を駆使して 生きるためにの情報をキャッチしています。 目を通じて得られる情報は、80~90%と言われているので 目は、非常につかれます。 目で物を見る仕組みは、目をカメラに例えることで わかりやすく説明出来ます。 角膜(目の一番外側の組織で透明)と水晶体(厚さ約4ミリ前後、直経約9ミリ で凸レンズの形状で無色透明)はピントを調節するレンズに、 網膜

コメント


bottom of page