top of page
  • info070711

季節の変わり目の体調の変化に・・・

季節の変わり目には、めまいを感じたり、雨が降りそうになると頭痛がしたり

関節が痛くなったりする・・・そんな経験をしたことはありませんか?


天気の変化で、不調をかんじたら、それは、気象病かもしれません。


季節の変わり目による温度差や、雨などの天候の変化による

気圧差によって、古傷が痛んだり、めまいや体のだるさといった

心身の不調を感じたことがあると思います。


天気の変化と病気との関係は、昔から知られており

気圧、温度、湿度、日照時間などの気象要素の変化によって起こる

体の不調を総称して「気象病」と呼ばれています。


また、気象病の中で、天気が崩れるときに、慢性の痛みが増すものを

「天気痛」と呼んでいます。これは、普段から痛みの原因を持っている人の

慢性痛が気圧が低くなることで、頭痛や首・肩の痛み、関節痛、

過去の怪我などが悪化してしまうものを言います。


気象病は、気象変化によって、自律神経が乱れることから起こります。


自律神経には、安静時や夜に活発になる「副交感神経」と

活動時や昼間に活発になる「交感神経」の2つがあります。


この2つの神経がバランスを取りながら、循環器、消化器、呼吸器など

私たちの体の活動を調節しています。


しかし、急激な気候や気圧の変化のよって、

副交感神経と交感神経のバランスが崩れてしまうことがあります。


バランスが崩れ、副交感神経、交感神経のどちらかが

強くなり過ぎると、全身にその影響がおよんで様々な症状となって現れます。


副交感神経の強い状態が続くと、体は休息状態が続き

無気力、手足の冷え、低血圧、だるさといった症状となって現れます。


逆に、交感神経の強い状態が続くと、イライラや不眠、疲れなどが現れます。


また、慢性痛は、自律神経(特に交感神経)とリンクしていることが

多くの研究で明らかとなっています。


最新記事

すべて表示

体温を知る

健康のバロメーターには、血圧や呼吸数、体温など 様々なものがあります。 中でも、体温は、家庭で測れる身近な体調チェックの手段です。 体温を知るということは、体調を知ることにもつながり、健康管理の為に大切です。 理想の体温は・・・ 体温は、高すぎるのも低すぎるのもよくなく 個人差はあるものの、理想とされる体温は 36.5~37.1℃とされています。 体温は体の部位によって、異なった値を示し 手足や皮

通風対策について

まず大切なのは、生活を見直すことです。 尿酸値が高い、通風発作が起こっている状態は 体のSOSです。 生活習慣を見直して、通風の発作予防や再発防止に努めましょう。 そこで、尿酸値が原因になりますので、 まずは、尿酸値を上げにくい生活習慣を取り入れてください。 ① 適度な運動を習慣にする。 尿酸を増やす肥満やストレス解消のためにも 積極的に体を動かすことを、習慣にして、尿酸値を下げましょう。 但し、

痛風について【2】

痛風・・・・ 文字通りですが、どうして、そんなに痛いのでしょうか? 尿酸は、血液中に溶け込んでいます。 しかし、量が増えすぎると、溶けきれなくなった過剰な尿酸が 結晶化して、関節や組織に溜まっていきます。 運動などをきっかけに、この結晶が関節液中に はがれ落ちると、外敵から体を守る免疫細胞が はがれた結晶を異物と見なして、攻撃し、 激痛を伴う炎症を引き起こします。 これが慢性化すると、足の親指の付

Komentarze


bottom of page