top of page
  • info070711

左足の小指を・・・

ちょっと作業をするために、リビングの床の上に

ノートパソコンを置いていたところに、今朝気付かず

左足の小指が引っかかって、つまり、小指だけ

ぶつけてしまって~~~

慌てて、パワーアップローション(銀河水入りで、痛みに良いスプレー)を

スプレーしたら、少し楽になったので、安心して

靴下を履こうしたら。。。

痛くて・・・治まってなくて・・・

さらに靴を履いたら

痛みが増して、出勤の為、家を出て、歩き始めると

どんどん痛くなってきて・・・

でも、出勤しなきゃ~なので

左足をかばいながら歩いて、お店に到着しました。


やっぱり、痛み止めを塗らないと思って

今度は、医薬品であるノイガンエス(漢方薬の入った肩こりや筋肉痛に塗る軟膏)を

塗りまくって、おとなしくしていると、少し痛みがましになりました。


しかし、今まで小指をぶつけて、こんなに長く痛みを感じた

ことがなかったので、もしかして、骨にひびでも、入ってるんじゃないかと

ちょっと、不安になってますが、動かないでいると、痛みもなにも

感じないので、大丈夫かなぁ~って、思ってるのですが。

歩くと、やっぱり痛いので、今、小指を見ました。

青くなってます。青あざみたいな青色。

またノイガンエスを塗りました。


でもでも、今日の帰りの駅までの道の歩きの状態と

明日の朝の小指の状態を観察して、すこしでも

楽になっていたら、大丈夫!って思っている私です。

私の自然治癒力を、信じて!!!(^^)

最新記事

すべて表示

体温を知る

健康のバロメーターには、血圧や呼吸数、体温など 様々なものがあります。 中でも、体温は、家庭で測れる身近な体調チェックの手段です。 体温を知るということは、体調を知ることにもつながり、健康管理の為に大切です。 理想の体温は・・・ 体温は、高すぎるのも低すぎるのもよくなく 個人差はあるものの、理想とされる体温は 36.5~37.1℃とされています。 体温は体の部位によって、異なった値を示し 手足や皮

通風対策について

まず大切なのは、生活を見直すことです。 尿酸値が高い、通風発作が起こっている状態は 体のSOSです。 生活習慣を見直して、通風の発作予防や再発防止に努めましょう。 そこで、尿酸値が原因になりますので、 まずは、尿酸値を上げにくい生活習慣を取り入れてください。 ① 適度な運動を習慣にする。 尿酸を増やす肥満やストレス解消のためにも 積極的に体を動かすことを、習慣にして、尿酸値を下げましょう。 但し、

痛風について【2】

痛風・・・・ 文字通りですが、どうして、そんなに痛いのでしょうか? 尿酸は、血液中に溶け込んでいます。 しかし、量が増えすぎると、溶けきれなくなった過剰な尿酸が 結晶化して、関節や組織に溜まっていきます。 運動などをきっかけに、この結晶が関節液中に はがれ落ちると、外敵から体を守る免疫細胞が はがれた結晶を異物と見なして、攻撃し、 激痛を伴う炎症を引き起こします。 これが慢性化すると、足の親指の付

Comments


bottom of page