top of page
  • info070711

引越しました!

あけましておめでとうございます。


年末年始を使ってどうにか、引越しました。


そして、ご来店のお客様には、お知らせしていましたが・・・

実は、移転することになったのは、水漏れが原因だったのです。


その水漏れの水道を、水道局の方に来て頂いて

立会の元、栓をしっかり止めて頂いたにも、関わらず、蛇口をひねると

水は出ないのに、シュワーって、音がするのんですね。圧がかかっている感じです。

実際、営業中も、必要な時だけ、栓を開けて、不要な時は栓を閉めて。

その止水している時も、音はしていたんですね。


それが、普通に、起きていたので、今日工務店の方に

そういうことって、あるのか、聞いたら、どうやら、見えないところで

水漏れし続けている可能性があるようなのです。

メーターの回らないけど、漏れているかもって・・・


本当に、穴が突然開いたら、ビル傾くやんって・・・

ただでさえ、ビル、西に下がって傾いてるのに。


というのは、こないだ、荷物を運んでくれた方に

傾いてること、気がつかれたので。

私は、鈍感なので、わからないのですが・・・


そんなこんなで、新しいお店は、水事情が快適のなので

ほっとしてます。

後は、片付けを頑張ります!


ではでは、久しぶりの投稿でした!


また、新しいお店の写真、アップします。


最新記事

すべて表示

体温を知る

健康のバロメーターには、血圧や呼吸数、体温など 様々なものがあります。 中でも、体温は、家庭で測れる身近な体調チェックの手段です。 体温を知るということは、体調を知ることにもつながり、健康管理の為に大切です。 理想の体温は・・・ 体温は、高すぎるのも低すぎるのもよくなく 個人差はあるものの、理想とされる体温は 36.5~37.1℃とされています。 体温は体の部位によって、異なった値を示し 手足や皮

通風対策について

まず大切なのは、生活を見直すことです。 尿酸値が高い、通風発作が起こっている状態は 体のSOSです。 生活習慣を見直して、通風の発作予防や再発防止に努めましょう。 そこで、尿酸値が原因になりますので、 まずは、尿酸値を上げにくい生活習慣を取り入れてください。 ① 適度な運動を習慣にする。 尿酸を増やす肥満やストレス解消のためにも 積極的に体を動かすことを、習慣にして、尿酸値を下げましょう。 但し、

痛風について【2】

痛風・・・・ 文字通りですが、どうして、そんなに痛いのでしょうか? 尿酸は、血液中に溶け込んでいます。 しかし、量が増えすぎると、溶けきれなくなった過剰な尿酸が 結晶化して、関節や組織に溜まっていきます。 運動などをきっかけに、この結晶が関節液中に はがれ落ちると、外敵から体を守る免疫細胞が はがれた結晶を異物と見なして、攻撃し、 激痛を伴う炎症を引き起こします。 これが慢性化すると、足の親指の付

Comentarios


bottom of page