top of page
  • info070711

急性疾患には、早く効く!

昨日は、定休日の日曜日でしたが、営業してまして~

昨日のブログにも、書いてますが。。。


それよりも、実は、昨日は寝冷えをしたのか、朝から

くしゃみと鼻水が止まらず・・・

熱もないし、喉も痛くないから、鼻炎?


出勤後お店の中で、くしゃみしたり鼻をかんでたんですが

これは、アカンと思って、くしゃみ鼻水を

少しでも止める漢方薬を飲みました。


1日3回服用のところ4回、すこし早めに連複したとろ

もしかして、止まってる?


温かくして、眠って起きたら

くしゃみも鼻水の止まってて~~~

治ってました!


自然治癒力アップの看板商品を日頃から

飲んでるおかげだと、思う出来事でした!


急に冷えて、少し前に、ショートカットにしたので

首が冷えたりと、それが、くしゃみ鼻水の原因と思いますが

治せれば、良いんですよねぇ~♪


大晦日まで、あと5日

今年も、31日まで、営業がんばります!


最新記事

すべて表示

加齢に伴う目の病気【3】

昨日の緑内障の補足ですが・・・ 角膜と水晶体の間にある房水が排泄できなくなる疾患ですが この房水は、血管がない角膜や水晶体に酸素と栄養を送り その透明性を維持しています。 網膜にある視細胞は、外界から届けられた光(像)を 電気信号に変える役割があり、網膜の毛細血管は 視神経の機能を維持しています。 この水と血液の流れは、目の健康を維持するうえで、極めて重要です。 加齢黄斑変性症とは・・・ 加齢に伴

加齢に伴う目の病気【2】

角膜(目の中央にある透明な組織で、黒目の部分の外側に位置)と 水晶体(カメラでいう凸レンズのような役割)の間は 房水という栄養を含んだ液体で満たされています。 緑内障は、この房水の排泄が行われなくなったり 流れが悪くなった結果、眼球内部の圧力(眼圧)が高まり 視神経を傷害する疾患です。 急性緑内障は、房水が全く排泄されず 眼圧が急上昇する状態で、激しい頭痛と目の痛みが起こります。 失明の危険がある

加齢に伴う目の病気

白内障、緑内障、加齢黄斑変性症などの目の病気は 加齢や目の使いすぎにより、気づかないうちに進行します。 早期発見、早期治療を行うとともに 生活習慣病の改善により、進行を遅らせることが重要です。 白内障は、水晶体(カメラでいう凸レンズのような役割)が 濁ることで起こる病気で50歳以上の人で、 視力低下やかすみなどの症状があれば 白内障のおそれがあります。 次の症状チェックリストは、すべて白内障にみら

Comments


bottom of page