top of page
  • info070711

歯周病【3】

冠状動脈性疾患の場合

冠状動脈とは、心臓の上にのように乗っている血管(動脈)で、心臓を取り囲むようにして走行しています。


その冠状動脈に、血管内に侵入した歯周病菌やその病原因子などが

血流に乗って達すると、動脈硬化が進行しやすくなり、

心血管の病気を発症しやすくなります。

歯周病に罹患していると、心血管疾患の発症リスクは、1.2倍

高まると言われています。


骨粗鬆症の場合

歯周病になった歯肉で産生されるサイトカイン

(細胞から分泌されるタンパク質のこと)には、骨代謝に影響を及ぼすものがあり

歯の喪失と、骨密度の減少には関連があるという研究報告があります。

逆に骨粗鬆症の人が、歯周病に罹患すると、歯周組織の歯槽骨(歯を支えている骨)が

急速に吸収されることで、症状が進行しやすくなる可能性が指摘されています。


誤嚥性肺炎の場合

要介護の高齢者などは、飲み込む力や、咳反射が低下しているため

唾液やプラーク(歯垢)などが気管に入りやすく、誤嚥を起こします。

気管に入り込んだ歯周病菌などの口の中の細菌が肺炎を起こしやすくなると

考えられています。

高齢者に口腔ケアを行い、歯周病菌などの口内細菌が減少すると

肺炎の発症率が下がることが報告されています。


歯周病にならないための予防としては・・・


行き届いた歯磨きが大切です。

歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや、歯間ブラシ、

ワンタフトブラシ(筆のように毛束がギュッとひとまとまりになった歯ブラシ)なども

利用して、口の中のプラークをしっかり取り除いてください。


口ではなく、鼻で呼吸をしたり、食事中の噛む回数を増やすことで

唾液の分泌量を多くすること。


ストレスが多いと、免疫力が低下して、歯周病菌が増えるので

ストレスに強い体づくりや、上手なストレス解消法を見つけてください。


ビタミンCで、健康な歯肉にしてください。


以上、歯周病にならないように、日ごろから注意しましょう。

最新記事

すべて表示

体温を知る【2】

体温は、年齢による差があり、子供はやや高く、高齢者はやや低めです。 子供は、熱の放散が上手くいかず、発熱しやすい傾向にあります。 成長とともに、体温は少しずつ下がり、10歳ぐらいになると 一定の値になります。 その後、高齢になると、再び体温は、低下していきます。 高齢の方では、若いころの平熱とは違っている可能性もあるため 体調の良い時に体温を測り、自分の平熱を確認しておくとよいと思います。 また、

体温を知る

健康のバロメーターには、血圧や呼吸数、体温など 様々なものがあります。 中でも、体温は、家庭で測れる身近な体調チェックの手段です。 体温を知るということは、体調を知ることにもつながり、健康管理の為に大切です。 理想の体温は・・・ 体温は、高すぎるのも低すぎるのもよくなく 個人差はあるものの、理想とされる体温は 36.5~37.1℃とされています。 体温は体の部位によって、異なった値を示し 手足や皮

通風対策について

まず大切なのは、生活を見直すことです。 尿酸値が高い、通風発作が起こっている状態は 体のSOSです。 生活習慣を見直して、通風の発作予防や再発防止に努めましょう。 そこで、尿酸値が原因になりますので、 まずは、尿酸値を上げにくい生活習慣を取り入れてください。 ① 適度な運動を習慣にする。 尿酸を増やす肥満やストレス解消のためにも 積極的に体を動かすことを、習慣にして、尿酸値を下げましょう。 但し、

Comments


bottom of page