top of page
  • info070711

毒出しうがい

歯科医の照山裕子先生が、提唱している

毒出しうがいについて、説明したいと思います。


① 30mlほどの水を含み、口を閉じます。


② 口に含んだ水を上の歯に向けて、クチュクチュと

出来るだけ大きな音を立てながら、強く速くぶつけます。

10回ぶつけたら、水を吐き出します。

特に上の歯の場合は、少しうつむき加減でするとやりやすいです。


③ ②の手順と同じように、今度は、下の歯に強く速く

水をぶつけるように、うがいをし、水を吐き出します。


➃ 同じうがいの手順を右の歯に向かって、頬がふくらむように意識して

繰り返し、10回うがいをしたら、水を吐き出します。


⑤ 最後に左の歯に向かって同じうがいを繰り返します。

同じく頬がふくらむようにして、水を吐き出します。


これが毒出しうがいのやり方です。

目安としては、1日3回食後に行ってください。


毒出しうがいで、生じる水圧は、歯磨きだけでは

落とせなかった歯と歯の間の汚れをキレイにします。


さらに、このような激しいうがいは、唇のまわりの筋肉をはじめ

水を勢いよく動かす時に、舌に関連する筋肉も使う為

口腔トレーニングになります。


その結果、噛む力が増し、歯周病も予防する唾液の分泌量が増える効果も期待できます。


さらに、継続することで、頬の脂肪が落ち、小顔効果にもつながります。


加齢により、唇や舌を動かす力は低下します。

口腔機能の低下は、オーラルフレイルなので、滑舌の衰えや誤嚥につながる

だけでなく、食事を満足に摂れなくなるため、全身の衰えにも

関係します。


人生100年時代。うがいによる口腔トレーニングで

お口の機能も維持しましょう。


そして、歯周病だけでなく、オーラルフレイルも防ぎ

さらには美しさも保ちながら、健康寿命を延ばしましょう。


最新記事

すべて表示

体温を知る【2】

体温は、年齢による差があり、子供はやや高く、高齢者はやや低めです。 子供は、熱の放散が上手くいかず、発熱しやすい傾向にあります。 成長とともに、体温は少しずつ下がり、10歳ぐらいになると 一定の値になります。 その後、高齢になると、再び体温は、低下していきます。 高齢の方では、若いころの平熱とは違っている可能性もあるため 体調の良い時に体温を測り、自分の平熱を確認しておくとよいと思います。 また、

体温を知る

健康のバロメーターには、血圧や呼吸数、体温など 様々なものがあります。 中でも、体温は、家庭で測れる身近な体調チェックの手段です。 体温を知るということは、体調を知ることにもつながり、健康管理の為に大切です。 理想の体温は・・・ 体温は、高すぎるのも低すぎるのもよくなく 個人差はあるものの、理想とされる体温は 36.5~37.1℃とされています。 体温は体の部位によって、異なった値を示し 手足や皮

通風対策について

まず大切なのは、生活を見直すことです。 尿酸値が高い、通風発作が起こっている状態は 体のSOSです。 生活習慣を見直して、通風の発作予防や再発防止に努めましょう。 そこで、尿酸値が原因になりますので、 まずは、尿酸値を上げにくい生活習慣を取り入れてください。 ① 適度な運動を習慣にする。 尿酸を増やす肥満やストレス解消のためにも 積極的に体を動かすことを、習慣にして、尿酸値を下げましょう。 但し、

Comments


bottom of page