top of page
  • info070711

水虫について

水虫は、日本人の4~5人に一人が、感染していると

言われているほど、患者数の多い皮膚病です。


足拭きマット、床、サンダルなどで、感染が広がります。

自分の為にも、家族など他の人への感染を防ぐ為にも

早めに治療しましょう。


水虫は、白癬菌というカビが原因なので、正式名称を

足白癬と言います。


高温多湿を好み、最盛期は、梅雨の時期から8月です。


白癬菌は、皮膚の角質層を構成しているケラチンというたんぱく質を

栄養源とします。


角質層は、足以外の皮膚にもあるため、様々な場所に感染し

感染した場所によって、病名が変わります。


爪は爪白癬、体部では、タムシと呼ばれます。


水虫は、大きく分けて、3種類あります。

足の指の間の皮が白くふやけてジュクジュクする「趾間型」

水泡がぽつぽつできる「小水疱型」

足の裏、特にかかとの角質が硬く、表面がゴワゴワになる「角化型」があります。


そして、角化型の足白癬と、白癬菌が爪に侵入した爪白癬は

かゆみがないと言われています。

かゆくないことは、好ましいことですが、その反面

治療せずに放置し、感染を広げてしまうことにもなります。


最新記事

すべて表示

体温を知る【2】

体温は、年齢による差があり、子供はやや高く、高齢者はやや低めです。 子供は、熱の放散が上手くいかず、発熱しやすい傾向にあります。 成長とともに、体温は少しずつ下がり、10歳ぐらいになると 一定の値になります。 その後、高齢になると、再び体温は、低下していきます。 高齢の方では、若いころの平熱とは違っている可能性もあるため 体調の良い時に体温を測り、自分の平熱を確認しておくとよいと思います。 また、

体温を知る

健康のバロメーターには、血圧や呼吸数、体温など 様々なものがあります。 中でも、体温は、家庭で測れる身近な体調チェックの手段です。 体温を知るということは、体調を知ることにもつながり、健康管理の為に大切です。 理想の体温は・・・ 体温は、高すぎるのも低すぎるのもよくなく 個人差はあるものの、理想とされる体温は 36.5~37.1℃とされています。 体温は体の部位によって、異なった値を示し 手足や皮

通風対策について

まず大切なのは、生活を見直すことです。 尿酸値が高い、通風発作が起こっている状態は 体のSOSです。 生活習慣を見直して、通風の発作予防や再発防止に努めましょう。 そこで、尿酸値が原因になりますので、 まずは、尿酸値を上げにくい生活習慣を取り入れてください。 ① 適度な運動を習慣にする。 尿酸を増やす肥満やストレス解消のためにも 積極的に体を動かすことを、習慣にして、尿酸値を下げましょう。 但し、

コメント


bottom of page