top of page
  • info070711

汗について【2】

汗の汗腺であるエクリン腺ですが、少し怠け者のところがあり

身体の中の全てが活動しているわけではないのです。


実際に汗を出して、動いている「能動汗腺」は、半分くらいだそうです。


特に近年の日本人の能動汗腺は、減少しているそうです。


それは、1年を通じて、冷暖房の部屋で過ごし、生まれたときから

空調整備の整った環境で育つと、働きたくても働く機会のない汗腺や

寝たふりをして働こうとしない汗腺が増えてしまうことになります。


また、汗には、水のようにサラサラであまり臭いもなく、すぐ乾いてしまう

「良い汗」と、蒸発しにくく臭いを放つドロドロの「悪い汗」があります。


汗をかくことは、身体にとって大切な温度調節機能で

体温が上昇すると血流から水分やミネラル分が、汗腺に取り込まれて

皮膚の表面から放出されることで、体温を下げる仕組みです。


このときに、再吸収機能により、水分から必要なミネラル分は

血流に戻され、身体に必要のない老廃物だけが汗として排出されます。


しかし、エアコンなどに、慣れずぎて、汗をあまりかかなくなる習慣が

続くと、汗腺の機能が鈍くなり、全身からでなく、身体のある部分だけでしか

汗をかけなくなります。


すると、1つ1つの汗腺に大きな負担がかかり、ミネラル分を戻す再吸収機能が

追いつかず、必要なミネラル分までも排出してしまうことになるのです。


このミネラル分は、老廃物とともに、悪臭の原因となります。

また、体温の調節が上手くできないで、身体に熱が溜まり

夏バテしやすくなってしまいます。


明日は、汗の良いかき方について、お伝えしたいと思います。

最新記事

すべて表示

体温を知る【2】

体温は、年齢による差があり、子供はやや高く、高齢者はやや低めです。 子供は、熱の放散が上手くいかず、発熱しやすい傾向にあります。 成長とともに、体温は少しずつ下がり、10歳ぐらいになると 一定の値になります。 その後、高齢になると、再び体温は、低下していきます。 高齢の方では、若いころの平熱とは違っている可能性もあるため 体調の良い時に体温を測り、自分の平熱を確認しておくとよいと思います。 また、

体温を知る

健康のバロメーターには、血圧や呼吸数、体温など 様々なものがあります。 中でも、体温は、家庭で測れる身近な体調チェックの手段です。 体温を知るということは、体調を知ることにもつながり、健康管理の為に大切です。 理想の体温は・・・ 体温は、高すぎるのも低すぎるのもよくなく 個人差はあるものの、理想とされる体温は 36.5~37.1℃とされています。 体温は体の部位によって、異なった値を示し 手足や皮

通風対策について

まず大切なのは、生活を見直すことです。 尿酸値が高い、通風発作が起こっている状態は 体のSOSです。 生活習慣を見直して、通風の発作予防や再発防止に努めましょう。 そこで、尿酸値が原因になりますので、 まずは、尿酸値を上げにくい生活習慣を取り入れてください。 ① 適度な運動を習慣にする。 尿酸を増やす肥満やストレス解消のためにも 積極的に体を動かすことを、習慣にして、尿酸値を下げましょう。 但し、

Comentários


bottom of page