top of page
  • info070711

眼精疲労の原因と予防

眼精疲労の原因で、一番多いのが、スマートフォンやパソコンなどの

画像表示端末機器を長時間使用する事による目の疲れです。


集中して、画面を見つめて、動きがない状態が続くと

眼球を動かすための7本の筋肉と、

ピントを合わすための水晶体の厚さを調節している筋肉が

筋肉疲労を起こすことが生じます。


また画像表示端末の作業で、まばたきが減り

コンタクト装着だったり、エアコンの風が当たる環境などで

涙が蒸発しやすくなるドライアイも、原因であると考えられています。


眼精疲労を予防するためには・・・4つのポイントがあります。


★眼球やその周りを温めること。

温めることで、血流の流れをよくし、筋肉の疲労物質を

取り除けるので、結果的に、筋肉を柔らかくできます。


★眼球を動かして筋肉をほぐすこと。

動かし方としては、まず、上下に動かす。

次に、左右に動かす。

最後は、1周させる。


★十分な睡眠を心がけること。

実は、眠りが深い状態であるノンレム睡眠時に

眼球運動は、停止して、まぶたの上のほうにいき

その時に、筋肉が休まります。


★目にとって大切な栄養素や成分を摂取すること。

うなぎや人参に多いビタミンA、

豚肉や大豆に多いビタミンB1、

ベニバナ油やアーモンドに多いビタミンE、

にんじんやカボチャなどの緑黄色野菜や、ほうれん草や小松菜などの緑葉に多いルテイン、赤しそやなすび、ブルーベリーやブドウ、黒豆に多いアントシアニン

等を摂ってください。







最新記事

すべて表示

体温を知る【2】

体温は、年齢による差があり、子供はやや高く、高齢者はやや低めです。 子供は、熱の放散が上手くいかず、発熱しやすい傾向にあります。 成長とともに、体温は少しずつ下がり、10歳ぐらいになると 一定の値になります。 その後、高齢になると、再び体温は、低下していきます。 高齢の方では、若いころの平熱とは違っている可能性もあるため 体調の良い時に体温を測り、自分の平熱を確認しておくとよいと思います。 また、

体温を知る

健康のバロメーターには、血圧や呼吸数、体温など 様々なものがあります。 中でも、体温は、家庭で測れる身近な体調チェックの手段です。 体温を知るということは、体調を知ることにもつながり、健康管理の為に大切です。 理想の体温は・・・ 体温は、高すぎるのも低すぎるのもよくなく 個人差はあるものの、理想とされる体温は 36.5~37.1℃とされています。 体温は体の部位によって、異なった値を示し 手足や皮

通風対策について

まず大切なのは、生活を見直すことです。 尿酸値が高い、通風発作が起こっている状態は 体のSOSです。 生活習慣を見直して、通風の発作予防や再発防止に努めましょう。 そこで、尿酸値が原因になりますので、 まずは、尿酸値を上げにくい生活習慣を取り入れてください。 ① 適度な運動を習慣にする。 尿酸を増やす肥満やストレス解消のためにも 積極的に体を動かすことを、習慣にして、尿酸値を下げましょう。 但し、

Comments


bottom of page