top of page
  • info070711

脂質について【2】

コレステロールと中性脂肪について


コレステロールは、私たちの体の細胞やホルモンの材料となる成分です。


体内で必要量の7~8割が作られるほか、食事からも摂取されます。


悪玉コレステロール(LDLコレステロール)も、

善玉コレステロール(HDLコレステロール)も、コレステロールとしては

同じものですが、状態が異なるので、区分されています。


ですので、「食べすぎるとよくないコレステロール」といったものは

ありません。


コレステロールを多く含む食品は、卵類、魚介類、肉類などの

動物性食品であり、卵にすると1日1個が摂取の目安になります。



中性脂肪は、炭水化物や脂肪酸が体の中で蓄えやすい形になったものです。


この炭水化物や脂肪酸は、体内でエネルギー源として利用されます。


食事で摂取するエネルギー量が、普段の生活で使うエネルギー量を

上回ると、余剰分は中性脂肪に変換され、皮下や内臓周囲の

脂肪組織に蓄えられます。


これは、食料が乏しい環境でも、生存するための、生物の体の知恵です。


エネルギー源としてみた場合、脂質の方が炭水化物よりも効率が良く

1gあたり炭水化物は、4キロカロリーなのに対して

脂質は9キロカロリーあります。


つまり、同じ重さでも、脂質の方が2倍以上カロリーが高く、

体重が増えやすいということになります。


また、アルコールを過剰に摂取すると、肝臓での中性脂肪の

合成が促進され、分解が遅くなるため

血液中の中性脂肪が上昇することになります。


このことは、メタボなど生活習慣病のリスクを上げることにつながります。


日本は比較的脂質摂取量が、少ない食文化ですが

普段から運動を習慣化して、エネルギーを使う

エネルギーとして使いきれないほどには、食べないが、

健康管理の大原則です。



最新記事

すべて表示

漢方薬のお話

漢方薬は東洋医学の領域で、東洋医学の反対語のような言葉に 西洋医学があります。 この西洋医学は、投薬や手術といった方法で 身体の悪い部分にピンポイントでアプローチして治療していきます。 一方東洋医学では、体の本来備わっている自然治癒力を高め 患者自身が病気を治す手助けをすることを目的としています。 よく、勝手に治ったとおっしゃたことがあると思いますが それは、自然治癒力が働いたおかげなのです。 ち

眼精疲労の原因と予防

眼精疲労の原因で、一番多いのが、スマートフォンやパソコンなどの 画像表示端末機器を長時間使用する事による目の疲れです。 集中して、画面を見つめて、動きがない状態が続くと 眼球を動かすための7本の筋肉と、 ピントを合わすための水晶体の厚さを調節している筋肉が 筋肉疲労を起こすことが生じます。 また画像表示端末の作業で、まばたきが減り コンタクト装着だったり、エアコンの風が当たる環境などで 涙が蒸発し

眼精疲労

私達は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という「五感」を駆使して 生きるためにの情報をキャッチしています。 目を通じて得られる情報は、80~90%と言われているので 目は、非常につかれます。 目で物を見る仕組みは、目をカメラに例えることで わかりやすく説明出来ます。 角膜(目の一番外側の組織で透明)と水晶体(厚さ約4ミリ前後、直経約9ミリ で凸レンズの形状で無色透明)はピントを調節するレンズに、 網膜

Comentarios


bottom of page