top of page
  • info070711

腸内フローラ

私達の腸内は、およそ数百種類、100兆個もの腸内細菌が共存している

特殊な空間です。


これらの敷き詰められた腸内細菌叢は、お花畑=フローラと

例えられることがあり、近年、私達の身体にとって

有益な働きがあることが、次々と解明されてきています。


一般的に腸内細菌は、善玉菌、日和見菌、悪玉菌に、大きく分けられています。


善玉菌は、乳酸や酢酸などの有機酸を産生することで、腸内を酸性に保ち

酸に弱い病原性細菌の増殖を抑えることで、良好な腸内細菌叢(腸内フローラ)を

形成しています。


私達の食生活の乱れは、腸内フローラにも大いに影響します。


そして、腸内フローラの住む腸管へも影響します。


近年、腸管上皮組織のバリア機能の低下(すき間)が確認され

そこから様々な物質が血液中に移行してしまう事で

多岐にわたる病気の原因になってしまう事がわかってきました。

そういった症状のことを、リーキーガット症候群といい

英語で、リーキーが漏れる、ガットが腸の意味からきています。


同時に腸内フローラが良好な状態であれば、善玉菌がこのすき間を

修復してくれるということも確認されました。


なかなか症状が改善されなかったり、原因の特定できない不調の背景には

腸内環境の悪化が原因にあるかもしれません。


まずは、腸内フローラの乱れがどのような症状と関連性があるか

確認していきましょう。


明日、腸内フローラの乱れについて、まとめたいと思います。

最新記事

すべて表示

漢方薬のお話

漢方薬は東洋医学の領域で、東洋医学の反対語のような言葉に 西洋医学があります。 この西洋医学は、投薬や手術といった方法で 身体の悪い部分にピンポイントでアプローチして治療していきます。 一方東洋医学では、体の本来備わっている自然治癒力を高め 患者自身が病気を治す手助けをすることを目的としています。 よく、勝手に治ったとおっしゃたことがあると思いますが それは、自然治癒力が働いたおかげなのです。 ち

眼精疲労の原因と予防

眼精疲労の原因で、一番多いのが、スマートフォンやパソコンなどの 画像表示端末機器を長時間使用する事による目の疲れです。 集中して、画面を見つめて、動きがない状態が続くと 眼球を動かすための7本の筋肉と、 ピントを合わすための水晶体の厚さを調節している筋肉が 筋肉疲労を起こすことが生じます。 また画像表示端末の作業で、まばたきが減り コンタクト装着だったり、エアコンの風が当たる環境などで 涙が蒸発し

眼精疲労

私達は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という「五感」を駆使して 生きるためにの情報をキャッチしています。 目を通じて得られる情報は、80~90%と言われているので 目は、非常につかれます。 目で物を見る仕組みは、目をカメラに例えることで わかりやすく説明出来ます。 角膜(目の一番外側の組織で透明)と水晶体(厚さ約4ミリ前後、直経約9ミリ で凸レンズの形状で無色透明)はピントを調節するレンズに、 網膜

Comentarios


bottom of page