top of page
  • info070711

腸内フローラのためには・・・

私達は、腸内細菌による上皮のバリア損傷部位(すき間)を

修復する働き以外にも、発酵過程で、生み出す短鎖脂肪酸

腸内で産生される脂肪酸の一種で、健康やダイエットに役立つ成分)

よる恩恵を受けています。


酢酸、プロピオン酸、酪酸などの短鎖脂肪酸は、上皮細胞の栄養素となり

大腸のぜん動運動を活性化したり、腐敗菌や有害物質の酸性を抑える働きが

確認されています。


また、血液中に移行した時、脂肪代謝にも関与し、身体にとって良い働きを

示す事が、明らかになっています。


腸内環境の悪化には、食事、ストレス、加齢、便秘・下痢、

抗生物質の長期使用などの影響が考えられています。


腸内フローラが良好な状態に保つための生活習慣について

改めて考えてみては、いかがでしょうか?



腸内フローラを育むためには、乳酸菌などの善玉菌の摂取も大切ですが

それと共に、食物繊維・オリゴ糖などの今、現在私達の腸内に存在している

菌を育むための食材をバランス良く摂取することも大切です。


ヒトは、これらの食材を消化・吸収することは出来ませんが

善玉菌にとっては、大切な栄養源となります。


腸内フローラを育むために、日頃の食事に、次のような食材を

摂れているか確認してみてください。


バナナ  リンゴ  干しぶどう  抹茶  ハチミツ  大豆

豆乳  枝豆  さつまいも  玄米  かぼちゃ  ごぼう

しいたけ  ひじき  アーモンド  くるみ  山いも などです。



最新記事

すべて表示

漢方薬のお話

漢方薬は東洋医学の領域で、東洋医学の反対語のような言葉に 西洋医学があります。 この西洋医学は、投薬や手術といった方法で 身体の悪い部分にピンポイントでアプローチして治療していきます。 一方東洋医学では、体の本来備わっている自然治癒力を高め 患者自身が病気を治す手助けをすることを目的としています。 よく、勝手に治ったとおっしゃたことがあると思いますが それは、自然治癒力が働いたおかげなのです。 ち

眼精疲労の原因と予防

眼精疲労の原因で、一番多いのが、スマートフォンやパソコンなどの 画像表示端末機器を長時間使用する事による目の疲れです。 集中して、画面を見つめて、動きがない状態が続くと 眼球を動かすための7本の筋肉と、 ピントを合わすための水晶体の厚さを調節している筋肉が 筋肉疲労を起こすことが生じます。 また画像表示端末の作業で、まばたきが減り コンタクト装着だったり、エアコンの風が当たる環境などで 涙が蒸発し

眼精疲労

私達は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という「五感」を駆使して 生きるためにの情報をキャッチしています。 目を通じて得られる情報は、80~90%と言われているので 目は、非常につかれます。 目で物を見る仕組みは、目をカメラに例えることで わかりやすく説明出来ます。 角膜(目の一番外側の組織で透明)と水晶体(厚さ約4ミリ前後、直経約9ミリ で凸レンズの形状で無色透明)はピントを調節するレンズに、 網膜

Comments


bottom of page