top of page
  • info070711

自然治癒力

緊急事態宣言がでている兵庫県、5月11日の本日まででしたが

月末まで延長になりました。

それでも、私のお店は、薬局なので、開けてもよい職種。

さらに、テレワークが推進されてますが、うちの薬局のスタイルは

お顔を見て、お話を聞いて、納得してもらってからのお薬の販売なので

それも、難しいのが現実。。。

逆行してますが、口に入れるお薬や

天然の健康食品を販売させてもらっているので

これも、仕方の無いことですね。


ただ、本当に必要なものを、当店でお買上げのお客様は

不要不急の外出には、なりませんので、ご来店くださいね。


定休日の日曜日以外は、特別な用事が無い限り

お店、開けていますので(^^)


新型コロナウィルス、無くなることは、今の段階では

考えられないので、すこしでも感染しないように予防して

自然治癒力や、免疫力を良い状態にすることが、大切です。

これが、流行する前から、自然治癒力や免疫力に関しては

取り組んできたことなので、こういった言葉が

認知され初めたことは、たいへん良かったと思っています。


人間は、元に戻ろうとする力を、持っています。

怪我をしても、その怪我は治ります。それを自然治癒力と言うんですね。

ただ、体力がなければ、その自然治癒力も発揮しません。

そして、その体力とは、運動してるから、体力があるとかとは

違うんですよ。もちろん、それも体力はあるのですが

自然治癒力に必要な体力は、年齢とともに、無くなってきます。

だから、滋養という栄養をしみ込ませて、体質を強くする・・・

つまり、強壮というのですが、滋養強壮剤が重要になってくるのです。


気になることや、不安なことがあれば、お電話ください。

また、当店にお越しになられることは、不要不急の外出にはならないので

ご安心くださいね。

お待ちしています!

最新記事

すべて表示

加齢に伴う目の病気【3】

昨日の緑内障の補足ですが・・・ 角膜と水晶体の間にある房水が排泄できなくなる疾患ですが この房水は、血管がない角膜や水晶体に酸素と栄養を送り その透明性を維持しています。 網膜にある視細胞は、外界から届けられた光(像)を 電気信号に変える役割があり、網膜の毛細血管は 視神経の機能を維持しています。 この水と血液の流れは、目の健康を維持するうえで、極めて重要です。 加齢黄斑変性症とは・・・ 加齢に伴

加齢に伴う目の病気【2】

角膜(目の中央にある透明な組織で、黒目の部分の外側に位置)と 水晶体(カメラでいう凸レンズのような役割)の間は 房水という栄養を含んだ液体で満たされています。 緑内障は、この房水の排泄が行われなくなったり 流れが悪くなった結果、眼球内部の圧力(眼圧)が高まり 視神経を傷害する疾患です。 急性緑内障は、房水が全く排泄されず 眼圧が急上昇する状態で、激しい頭痛と目の痛みが起こります。 失明の危険がある

加齢に伴う目の病気

白内障、緑内障、加齢黄斑変性症などの目の病気は 加齢や目の使いすぎにより、気づかないうちに進行します。 早期発見、早期治療を行うとともに 生活習慣病の改善により、進行を遅らせることが重要です。 白内障は、水晶体(カメラでいう凸レンズのような役割)が 濁ることで起こる病気で50歳以上の人で、 視力低下やかすみなどの症状があれば 白内障のおそれがあります。 次の症状チェックリストは、すべて白内障にみら

Commenti


bottom of page