top of page
  • info070711

良い汗のかき方

更新日:7月4日

「夏ばて」とは、夏の暑さからくる身体の不調の総称で

体温調節障害、水分の喪失、体液のバランス傷害による自律神経系や

内分泌系の失調を特長としています。


つまり、夏ばては、「良い汗」をかけない事

言い換えれば、汗をたくさんかいたからではなく

体温を有効に調節しないと無駄な汗や体液の大切な成分を喪失するような

「悪い汗」をかいていることが、原因なのです。


良い汗をかくための3原則は・・・

① 冷房にたよらない

 脳も、足も使わなければ、働きが衰えます。

 汗腺も同じです。冷房の効いた部屋で過ごしていると

 汗をかきにくくなり、それだけ汗腺機能が低下してしまいます。

 暑い季節でも、なるべく窓を開け、自然の風を取り入れ

 冷房を使う場合は、外気との差を、5℃以内に設定しましょう。


② 身体を動かそう

 習慣的に身体を動かすことも大切です。

 ウォーキングやジョギングやサイクリングなどの

 あまりハードでない有酸素運動がおすすめです。

 なお、運動の前後には、しっかり水分補給を心がけ

 熱中症などには、くれぐれも注意を!


③ 入浴で良い汗を

 一風呂浴びていい汗をを流せば、新陳代謝が促され

 汗腺機能が鍛えられます。

 シャワーではなく、お風呂につかりましょう。


明日は、汗の成分のことを、お伝えします。

最新記事

すべて表示

体温を知る【2】

体温は、年齢による差があり、子供はやや高く、高齢者はやや低めです。 子供は、熱の放散が上手くいかず、発熱しやすい傾向にあります。 成長とともに、体温は少しずつ下がり、10歳ぐらいになると 一定の値になります。 その後、高齢になると、再び体温は、低下していきます。 高齢の方では、若いころの平熱とは違っている可能性もあるため 体調の良い時に体温を測り、自分の平熱を確認しておくとよいと思います。 また、

体温を知る

健康のバロメーターには、血圧や呼吸数、体温など 様々なものがあります。 中でも、体温は、家庭で測れる身近な体調チェックの手段です。 体温を知るということは、体調を知ることにもつながり、健康管理の為に大切です。 理想の体温は・・・ 体温は、高すぎるのも低すぎるのもよくなく 個人差はあるものの、理想とされる体温は 36.5~37.1℃とされています。 体温は体の部位によって、異なった値を示し 手足や皮

通風対策について

まず大切なのは、生活を見直すことです。 尿酸値が高い、通風発作が起こっている状態は 体のSOSです。 生活習慣を見直して、通風の発作予防や再発防止に努めましょう。 そこで、尿酸値が原因になりますので、 まずは、尿酸値を上げにくい生活習慣を取り入れてください。 ① 適度な運動を習慣にする。 尿酸を増やす肥満やストレス解消のためにも 積極的に体を動かすことを、習慣にして、尿酸値を下げましょう。 但し、

Comments


bottom of page