top of page
  • info070711

難聴【2】

難聴の種類と、その原因について


難聴には、老人性難聴、突発性難聴、イヤホン・ヘッドホン難聴、小児難聴と

4つの難聴があります。


老人性難聴は・・・

耳の中には、有毛細胞と呼ばれる細胞があります。

この細胞が、音を認識して、神経に伝えて、脳で確認します。

加齢によって、この有毛細胞が、減少していきます。

これが、原因でおこる難聴を「老人性難聴」といいますが

このタイプの難聴は、早期発見・早期治療が重要となります。


突発性難聴は・・・

このタイプの難聴は、ある日突然聞こえなくなるのが特徴です。

その原因としては、血液や、ストレス、ウイルス感染などがあります。

これらの原因による難聴は、極めて早期発見が大切で

発症してから、1週間井内に受診すれば、治癒する確率が非常に

高いとされています。

しかしながら、受診が遅れて、2週間以上すると

治癒の確率が極度に低下するとされています。


イヤホン・ヘッドホン難聴は・・・

これは、大音量の音楽を長時間、聴くことによっておこる難聴です。

イヤホンや、ヘッドホンは、音源が鼓膜に非常に近いため

直接、有毛細胞が破壊されるため難聴となります。


小児難聴は・・・

遺伝要因によって、生まれてくる赤ちゃんが難聴の場合がありますが

これ以外にも、出産前後の病気による難聴もあります。

このタイプの難聴で怖いのは、子供側から、聞こえてないことを

周囲に伝えられないことにあります。

従って、大きな音でも、反応がないなど、特徴的な症状を

周囲が察知することが大切です。



世界保健機構のWHOでは、若者の難聴リスク低減のため

音楽は、1日1時間までと注意喚起しています。


WHOによると、世界の若者のうち約50%は、オーディオ機器などや

クラブなどの娯楽施設での危険な音響に、約40%が晒されていると

報告しています。

電車車内の85デシベル位の音量では、1日8時間

電車が人の近くを通過する時の約100デシベル位では、1日15分でも

難聴の危険性があるとしています。

他にも、スマホなどの音楽では、音量を下げたりして、1日1時間までに

控えるように、警告しています。

最新記事

すべて表示

体温を知る

健康のバロメーターには、血圧や呼吸数、体温など 様々なものがあります。 中でも、体温は、家庭で測れる身近な体調チェックの手段です。 体温を知るということは、体調を知ることにもつながり、健康管理の為に大切です。 理想の体温は・・・ 体温は、高すぎるのも低すぎるのもよくなく 個人差はあるものの、理想とされる体温は 36.5~37.1℃とされています。 体温は体の部位によって、異なった値を示し 手足や皮

通風対策について

まず大切なのは、生活を見直すことです。 尿酸値が高い、通風発作が起こっている状態は 体のSOSです。 生活習慣を見直して、通風の発作予防や再発防止に努めましょう。 そこで、尿酸値が原因になりますので、 まずは、尿酸値を上げにくい生活習慣を取り入れてください。 ① 適度な運動を習慣にする。 尿酸を増やす肥満やストレス解消のためにも 積極的に体を動かすことを、習慣にして、尿酸値を下げましょう。 但し、

痛風について【2】

痛風・・・・ 文字通りですが、どうして、そんなに痛いのでしょうか? 尿酸は、血液中に溶け込んでいます。 しかし、量が増えすぎると、溶けきれなくなった過剰な尿酸が 結晶化して、関節や組織に溜まっていきます。 運動などをきっかけに、この結晶が関節液中に はがれ落ちると、外敵から体を守る免疫細胞が はがれた結晶を異物と見なして、攻撃し、 激痛を伴う炎症を引き起こします。 これが慢性化すると、足の親指の付

Comments


bottom of page