top of page
  • info070711

ストレス

昨日は、所属している会の研修会があって

それに出席していたのですが・・・


そこで、へぇ~って思った研究結果がありました。


それは・・・


ストレスと死亡リスクの研究で

3,000名の米国人を対象に8年間追跡調査されたそうなんですが


多くのストレスを抱えてた群と

多くのストレスをかかえているが、他人への思いやりに時間を費やした群

に分けた時


経済的惨事や家庭危機など重大なストレスを抱えていると

30%死亡リスクが上昇するのに

経済的惨事や家庭危機など重大なストレスを抱えたが、

他人への思いやりに時間を費やした群は、

死亡リスクがほぼゼロに近かったそうです。


つまり、思いやりで、死亡リスクが下がるということなんですね。


どんなに大変でも、他人への思いや優しさは

ストレスをも、跳ねのけるってことなんだと思った研究結果でした。


最新記事

すべて表示

加齢に伴う目の病気【3】

昨日の緑内障の補足ですが・・・ 角膜と水晶体の間にある房水が排泄できなくなる疾患ですが この房水は、血管がない角膜や水晶体に酸素と栄養を送り その透明性を維持しています。 網膜にある視細胞は、外界から届けられた光(像)を 電気信号に変える役割があり、網膜の毛細血管は 視神経の機能を維持しています。 この水と血液の流れは、目の健康を維持するうえで、極めて重要です。 加齢黄斑変性症とは・・・ 加齢に伴

加齢に伴う目の病気【2】

角膜(目の中央にある透明な組織で、黒目の部分の外側に位置)と 水晶体(カメラでいう凸レンズのような役割)の間は 房水という栄養を含んだ液体で満たされています。 緑内障は、この房水の排泄が行われなくなったり 流れが悪くなった結果、眼球内部の圧力(眼圧)が高まり 視神経を傷害する疾患です。 急性緑内障は、房水が全く排泄されず 眼圧が急上昇する状態で、激しい頭痛と目の痛みが起こります。 失明の危険がある

加齢に伴う目の病気

白内障、緑内障、加齢黄斑変性症などの目の病気は 加齢や目の使いすぎにより、気づかないうちに進行します。 早期発見、早期治療を行うとともに 生活習慣病の改善により、進行を遅らせることが重要です。 白内障は、水晶体(カメラでいう凸レンズのような役割)が 濁ることで起こる病気で50歳以上の人で、 視力低下やかすみなどの症状があれば 白内障のおそれがあります。 次の症状チェックリストは、すべて白内障にみら

Comments


bottom of page