top of page
  • info070711

フレイル

前回、2回にわたって、サルコペニア(筋肉の減少)について

説明しましたが、今回は、フレイルについて、ふれたいと思います。


フレイルとは、わかりやすく言えば「加齢により心身が老い衰えた状態」のことです。

しかしフレイルは、早く介入して対策を行えば元の健常な状態に戻る可能性があります。

高齢者のフレイルは、生活の質を落とすだけでなく、

さまざまな合併症も引き起こす危険があります。


フレイルは、海外の老年医学の分野で使用されている英語の

Frailty(フレイルティ)」が語源となっています。

「Frailty」を日本語に訳すと「虚弱」や「老衰」、「脆弱(もろくて弱いこと)」などを

意味します。

日本老年医学会は高齢者において起こりやすい「Frailty」に対し、

正しく介入すれば戻るという意味があることを強調したかったため、

多くの議論の末、「フレイル」と共通した日本語訳にすることを

2014年5月に提唱しました。


フレイルの診断基準において、次の5つの項目から、判断することができます。

① 体重減少(半年以内に2~3㎏以上)

② 握力低下(男性26キロ未満 女性18キロ未満)

③ 「自分が活気にあふれている」という質問に「いいえ」と回答してしまう。

④ 歩行速度が、毎秒1メートル未満

⑤ 外出が1日1回未満


3項目該当でフレイル、2項目該当でプレフレイル(フレイル予備軍)です。

また、フレイルには、体重減少や筋力低下などの身体的な変化だけでなく

気力の低下など精神的な変化や社会的なものも含まれています。


ようするにフレイルは、寝たきりになってしまう可能性があるけれども

今後の生活習慣の改善次第で、元の健康な状態に戻れる可能性が

あるということです。





最新記事

すべて表示

加齢に伴う目の病気【3】

昨日の緑内障の補足ですが・・・ 角膜と水晶体の間にある房水が排泄できなくなる疾患ですが この房水は、血管がない角膜や水晶体に酸素と栄養を送り その透明性を維持しています。 網膜にある視細胞は、外界から届けられた光(像)を 電気信号に変える役割があり、網膜の毛細血管は 視神経の機能を維持しています。 この水と血液の流れは、目の健康を維持するうえで、極めて重要です。 加齢黄斑変性症とは・・・ 加齢に伴

加齢に伴う目の病気【2】

角膜(目の中央にある透明な組織で、黒目の部分の外側に位置)と 水晶体(カメラでいう凸レンズのような役割)の間は 房水という栄養を含んだ液体で満たされています。 緑内障は、この房水の排泄が行われなくなったり 流れが悪くなった結果、眼球内部の圧力(眼圧)が高まり 視神経を傷害する疾患です。 急性緑内障は、房水が全く排泄されず 眼圧が急上昇する状態で、激しい頭痛と目の痛みが起こります。 失明の危険がある

加齢に伴う目の病気

白内障、緑内障、加齢黄斑変性症などの目の病気は 加齢や目の使いすぎにより、気づかないうちに進行します。 早期発見、早期治療を行うとともに 生活習慣病の改善により、進行を遅らせることが重要です。 白内障は、水晶体(カメラでいう凸レンズのような役割)が 濁ることで起こる病気で50歳以上の人で、 視力低下やかすみなどの症状があれば 白内障のおそれがあります。 次の症状チェックリストは、すべて白内障にみら

コメント


bottom of page