top of page
  • info070711

副鼻腔炎

冬から春にかけて、風邪や花粉症など鼻に関する悩みが多くなる季節です。


さらに、これらの症状をきっかけに、副鼻腔といわれる場所が炎症を起こしてしまい

長引く鼻の症状や頭痛などの原因となっている可能性があります。


呼吸による空気の通り道のことを「鼻腔」と言います。

この鼻腔は、顔の中で「副鼻腔」と呼ばれる8つの空洞

(左右4つずつ計8つ)と自然口という小さな穴で繋がっています。


副鼻腔は、前頭洞・腸形骨洞・篩骨洞・上顎洞の4つが、

左右にあるので、合計8つあります。


一般的に鼻炎はウィルスや細菌の感染、花粉症などの原因により

鼻腔の粘膜に炎症が起き、鼻汁や鼻づまりの症状が現れます。


私たち体の中で免疫機能が乱れていると、これらの症状がひどくなったり

長引いてしまいます。


慢性の鼻炎は、鼻汁の過剰分泌や粘膜の浮腫で

自然光の詰まりを導き、鼻腔と繋がっている8つの副鼻腔の

いずれかまで炎症が広がってしまうことがあります。

それが、副鼻腔炎です。


さらに、副鼻腔に膿がたまる、いわゆる「蓄膿症」も

副鼻腔炎です。


副鼻腔炎に特徴的な症状として次の症状が挙げられます。

もし、このような症状が気になる方は、副鼻腔炎の可能性も考えられます。


①頭の前の方が、痛い・重い。

②膿性・粘性の鼻汁と鼻閉。

③集中力・記憶力の低下。


症状としては、頭痛・耳痛・顔面痛・咳嗽・発熱・鼻閉・膿性鼻漏・後鼻漏など


鼻の病気が原因となり、生活の質を低下させてしまう頭や喉の症状が

現れる事があります。

鼻の悩みが多い風邪や花粉症などシーズンが過ぎてしまえば

鼻への意識が薄れてしまう事もありますが

軽い症状が長引いたり、副鼻腔が存在する辺りの痛み・違和感、

後鼻漏に伴う症状があるという事は、鼻が弱ってる可能性があります。

症状に対する対症療法だけでなく、鼻の根本改善を意識し

日々の生活習慣を見直してみましょう。


最新記事

すべて表示

漢方薬のお話

漢方薬は東洋医学の領域で、東洋医学の反対語のような言葉に 西洋医学があります。 この西洋医学は、投薬や手術といった方法で 身体の悪い部分にピンポイントでアプローチして治療していきます。 一方東洋医学では、体の本来備わっている自然治癒力を高め 患者自身が病気を治す手助けをすることを目的としています。 よく、勝手に治ったとおっしゃたことがあると思いますが それは、自然治癒力が働いたおかげなのです。 ち

眼精疲労の原因と予防

眼精疲労の原因で、一番多いのが、スマートフォンやパソコンなどの 画像表示端末機器を長時間使用する事による目の疲れです。 集中して、画面を見つめて、動きがない状態が続くと 眼球を動かすための7本の筋肉と、 ピントを合わすための水晶体の厚さを調節している筋肉が 筋肉疲労を起こすことが生じます。 また画像表示端末の作業で、まばたきが減り コンタクト装着だったり、エアコンの風が当たる環境などで 涙が蒸発し

眼精疲労

私達は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という「五感」を駆使して 生きるためにの情報をキャッチしています。 目を通じて得られる情報は、80~90%と言われているので 目は、非常につかれます。 目で物を見る仕組みは、目をカメラに例えることで わかりやすく説明出来ます。 角膜(目の一番外側の組織で透明)と水晶体(厚さ約4ミリ前後、直経約9ミリ で凸レンズの形状で無色透明)はピントを調節するレンズに、 網膜

Comments


bottom of page