top of page
  • info070711

眼精疲労

私達は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という「五感」を駆使して

生きるためにの情報をキャッチしています。


目を通じて得られる情報は、80~90%と言われているので

目は、非常につかれます。


目で物を見る仕組みは、目をカメラに例えることで

わかりやすく説明出来ます。


角膜(目の一番外側の組織で透明)と水晶体(厚さ約4ミリ前後、直経約9ミリ

で凸レンズの形状で無色透明)はピントを調節するレンズに、

網膜(眼球を覆う最も内側の膜)は、フィルムにあたります。


つまり、水晶体は、毛様体と呼ばれる筋肉につながっていて

毛様筋が収縮したり弛緩して、水晶体の厚みをいろいろ変えて

近くの物や、遠くの物にピントを合わせることができるようになっています。


フィルムにあたる網膜に映し出された情報は

電気信号に変わり、脳へ伝達されます。


そこで脳がその信号を処理してはじめて「目が見えた」となります。


実は物は、目で見てるいるのではなく、脳で見ているのです。


目の豆知識ですが

眼球の直径は、約24ミリで、10円玉くらいあります。

眼球の重さとしては、7~8グラムあります。

涙の分泌量は、1日約1~2ミリリットル出ています。

視野は、約200度あるのですが、

時速60キロの車で走行中では、それが30度になります。


ところで、疲れ目と眼精疲労が同じものだと思われがちですが

実は、違います。


大きな違いは、症状の重さです。


疲れ目は、一時的な目の疲れのことを言い、睡眠をとるなどの休息によって

自然と解消されるため、身体に影響はありません。


一方、眼精疲労は、眼痛・視力低下・肩こり・頭痛のような症状が出て

継続的に繰り返されることになります。


1時間に1分は、遠い場所を見るなどして、目のストレッチをしてください。


明日は、眼精疲労の原因、そして、予防についてです。

最新記事

すべて表示

体温を知る【2】

体温は、年齢による差があり、子供はやや高く、高齢者はやや低めです。 子供は、熱の放散が上手くいかず、発熱しやすい傾向にあります。 成長とともに、体温は少しずつ下がり、10歳ぐらいになると 一定の値になります。 その後、高齢になると、再び体温は、低下していきます。 高齢の方では、若いころの平熱とは違っている可能性もあるため 体調の良い時に体温を測り、自分の平熱を確認しておくとよいと思います。 また、

体温を知る

健康のバロメーターには、血圧や呼吸数、体温など 様々なものがあります。 中でも、体温は、家庭で測れる身近な体調チェックの手段です。 体温を知るということは、体調を知ることにもつながり、健康管理の為に大切です。 理想の体温は・・・ 体温は、高すぎるのも低すぎるのもよくなく 個人差はあるものの、理想とされる体温は 36.5~37.1℃とされています。 体温は体の部位によって、異なった値を示し 手足や皮

通風対策について

まず大切なのは、生活を見直すことです。 尿酸値が高い、通風発作が起こっている状態は 体のSOSです。 生活習慣を見直して、通風の発作予防や再発防止に努めましょう。 そこで、尿酸値が原因になりますので、 まずは、尿酸値を上げにくい生活習慣を取り入れてください。 ① 適度な運動を習慣にする。 尿酸を増やす肥満やストレス解消のためにも 積極的に体を動かすことを、習慣にして、尿酸値を下げましょう。 但し、

Comments


bottom of page