top of page
  • info070711

足のつり

足のつり関西ではこぶらかえりって、言います。

でも、効能効果では、こむらかえりと書かれています。

なぜ、微妙に言葉が違うのか、調べたら・・・


昔、こぶら は、ふくらはぎをあらわす言葉だったそうです。

そして、そのふくらはぎが、つるから、こぶらかえり。

関西では、そのままですが・・・

蛇のコブラとは、全く関係なしです。


関東では、こぶらかえり から、こむらかえり に変化したそうです。


ところで、その足のつりに使う、漢方薬を探していると

電話がかかってきました。

もちろん、置いてるので、お店の場所を説明したら

しばらくして、ご来店。


うちの電話番号は、ネットで検索してのご来店の方でした。

そして、聞くと・・・


「以前、購入していたお店が、無くなってて!!」

私は、それを聞いた時、もしや?と思って

以前のお店のあった元町通の話をしました。

すると、やっぱり、以前のお店の事で

移転をしたこと、伝えれていなかったお客様だったのです。


でも、偶然にも、再度のご縁があって、ご来店頂けたことに

とても、うれしくなったのでした。



最新記事

すべて表示

体温を知る【2】

体温は、年齢による差があり、子供はやや高く、高齢者はやや低めです。 子供は、熱の放散が上手くいかず、発熱しやすい傾向にあります。 成長とともに、体温は少しずつ下がり、10歳ぐらいになると 一定の値になります。 その後、高齢になると、再び体温は、低下していきます。 高齢の方では、若いころの平熱とは違っている可能性もあるため 体調の良い時に体温を測り、自分の平熱を確認しておくとよいと思います。 また、

体温を知る

健康のバロメーターには、血圧や呼吸数、体温など 様々なものがあります。 中でも、体温は、家庭で測れる身近な体調チェックの手段です。 体温を知るということは、体調を知ることにもつながり、健康管理の為に大切です。 理想の体温は・・・ 体温は、高すぎるのも低すぎるのもよくなく 個人差はあるものの、理想とされる体温は 36.5~37.1℃とされています。 体温は体の部位によって、異なった値を示し 手足や皮

通風対策について

まず大切なのは、生活を見直すことです。 尿酸値が高い、通風発作が起こっている状態は 体のSOSです。 生活習慣を見直して、通風の発作予防や再発防止に努めましょう。 そこで、尿酸値が原因になりますので、 まずは、尿酸値を上げにくい生活習慣を取り入れてください。 ① 適度な運動を習慣にする。 尿酸を増やす肥満やストレス解消のためにも 積極的に体を動かすことを、習慣にして、尿酸値を下げましょう。 但し、

Comments


bottom of page