top of page
  • info070711

不眠症

不眠症のタイプは、うつ病が原因の不眠かどうか

見わけることができます。


不眠症は、つぎの四つに大別されます。


入眠障害:布団に入ってもなかなか眠れず、

寝付くまでに、30分以上かかる、いわゆる「寝つきが悪い」タイプ。


熟眠障害:睡眠時間を十分とったつもりでも、

「ぐっすり眠れた、熟睡した」という感覚が得られないタイプ。


中途覚醒:夜中に何度も目が覚めてしまい、そのあと

もう1回寝付くのが難しいタイプ。


早朝覚醒:朝早いうちから目が覚めてしまい

まだ眠りたいのにそのまま眠れなくなってしまうタイプ。


この中で特に、「早朝覚醒」は、うつ病の症状として出やすく

診断の決め手になることも多いといわれます。


不眠症の原因のうつの場合は、通常の生活改善の指導や

睡眠薬の投与では、根本的な解決にならず、

抗うつ剤の投与が必要になります。



不眠の原因には次の5つの要因があるといわれます。


身体的原因:大きな手術の後の痛みなど、

身体のどこかに痛みがあるため眠れない。加齢も、

睡眠パターンを乱します。


生理的原因:海外旅行時に陥る時差ぼけ、

交代勤務制で深夜勤務などに変わった時に眠れない。


心理的原因:仕事のことが気になって眠れない、

人間関係のトラブルで腹が立って眠れない、

何か悩みがある為に眠れない。


精神医学的原因:ノイローゼ・うつ病など、

心の病気が原因となって眠れない。


薬理学的原因:コーヒーや緑茶に含まれているカフェインの作用で

目がさえて眠れない。また、医薬品自体も副作用として睡眠リズムを乱し、

不眠を増悪することがあります。



現代はストレス社会といわれ、子供から大人まで

家庭や学校、職場とあらゆる環境にストレスが存在しています。

こうしたストレスは、私達の心と体に影響を与え

このため不眠を訴える人が多くなっています。

最新記事

すべて表示

漢方薬のお話

漢方薬は東洋医学の領域で、東洋医学の反対語のような言葉に 西洋医学があります。 この西洋医学は、投薬や手術といった方法で 身体の悪い部分にピンポイントでアプローチして治療していきます。 一方東洋医学では、体の本来備わっている自然治癒力を高め 患者自身が病気を治す手助けをすることを目的としています。 よく、勝手に治ったとおっしゃたことがあると思いますが それは、自然治癒力が働いたおかげなのです。 ち

眼精疲労の原因と予防

眼精疲労の原因で、一番多いのが、スマートフォンやパソコンなどの 画像表示端末機器を長時間使用する事による目の疲れです。 集中して、画面を見つめて、動きがない状態が続くと 眼球を動かすための7本の筋肉と、 ピントを合わすための水晶体の厚さを調節している筋肉が 筋肉疲労を起こすことが生じます。 また画像表示端末の作業で、まばたきが減り コンタクト装着だったり、エアコンの風が当たる環境などで 涙が蒸発し

眼精疲労

私達は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という「五感」を駆使して 生きるためにの情報をキャッチしています。 目を通じて得られる情報は、80~90%と言われているので 目は、非常につかれます。 目で物を見る仕組みは、目をカメラに例えることで わかりやすく説明出来ます。 角膜(目の一番外側の組織で透明)と水晶体(厚さ約4ミリ前後、直経約9ミリ で凸レンズの形状で無色透明)はピントを調節するレンズに、 網膜

コメント


bottom of page