top of page
  • info070711

後鼻漏

副鼻腔炎のところで、後鼻漏の説明を書いてないので

改めて、後鼻漏について、書かせて頂きました。


本来、鼻汁は鼻から入ってきた空気の加温・加湿に用いられたり、

再吸収されます。


しかし、副鼻腔炎が原因で鼻汁が過剰に分泌されることがあります。

というのは、副鼻腔炎という火事を、鼻汁で鎮火する為に

過剰に分泌されるのです。


そうやって分泌された場合、咽頭へ流下してしまうことがあります。


特に慢性の副鼻腔炎の場合などは、粘性または膿性のものであり

流下した先で炎症を起こしやすくなっています。


この炎症により、のどの違和感や咳・痰がある場合

後鼻漏が原因となっているかもしれません。


具体的な後鼻漏の症状は・・・

のどの違和感・へばりつくような咳・夜間の咳・胃の不快感・吐き気です。



ここで、食生活を意識することが、予防の第一歩と思います。


①腸のはたらきを良くする。

腸内環境が悪くなると、悪玉菌が増えて腸管免疫の乱れが起こり

アレルギーなどの鼻炎症状も起こりやすくなります。

栄養バランスや食物繊維の摂取を心がけてください。


②水分の摂り方を気を付ける。

摂りすぎには注意をしましょう。

摂取量と排泄量のバランスが崩れると、鼻粘膜の浮腫

(鼻づまりや自然口排泄障害)が起こります。

冷たい飲み物は血流の悪化も導いてしまいます。


③唾液の分泌が重要。

よく噛むことで、唾液の分泌を促します。

消化・吸収を助け、粘膜機能維持のための

栄養をしっかりと吸収するために必要です。

最新記事

すべて表示

漢方薬のお話

漢方薬は東洋医学の領域で、東洋医学の反対語のような言葉に 西洋医学があります。 この西洋医学は、投薬や手術といった方法で 身体の悪い部分にピンポイントでアプローチして治療していきます。 一方東洋医学では、体の本来備わっている自然治癒力を高め 患者自身が病気を治す手助けをすることを目的としています。 よく、勝手に治ったとおっしゃたことがあると思いますが それは、自然治癒力が働いたおかげなのです。 ち

眼精疲労の原因と予防

眼精疲労の原因で、一番多いのが、スマートフォンやパソコンなどの 画像表示端末機器を長時間使用する事による目の疲れです。 集中して、画面を見つめて、動きがない状態が続くと 眼球を動かすための7本の筋肉と、 ピントを合わすための水晶体の厚さを調節している筋肉が 筋肉疲労を起こすことが生じます。 また画像表示端末の作業で、まばたきが減り コンタクト装着だったり、エアコンの風が当たる環境などで 涙が蒸発し

眼精疲労

私達は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という「五感」を駆使して 生きるためにの情報をキャッチしています。 目を通じて得られる情報は、80~90%と言われているので 目は、非常につかれます。 目で物を見る仕組みは、目をカメラに例えることで わかりやすく説明出来ます。 角膜(目の一番外側の組織で透明)と水晶体(厚さ約4ミリ前後、直経約9ミリ で凸レンズの形状で無色透明)はピントを調節するレンズに、 網膜

Comments


bottom of page