top of page
  • info070711

歯周病

歯は、健康な体を維持する上で、大切な器官です。


歯があることで、食事を楽しめたり、必要な栄養素を

摂ることができます。


しかし、この歯を失う原因の1つが、歯周病です。


そして、歯周病は、動脈硬化や糖尿病を悪化させるなどの

全身にも、様々な影響を及ぼします。


歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。


歯と歯肉(歯の周りの歯ぐき)の境目(歯肉溝)の掃除が行き届かないと

そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)、歯肉の周辺に

「炎症」が生じ、赤くなったり、腫れたりします。


進行すると、歯と歯肉の境目が深くなり、歯周ポケットができます。


そして、歯を支える土台(歯槽骨:歯を支えている骨)が溶けて

歯が、グラグラと動くようになります。


最後は歯が抜けたり、抜かなくてはならなくなります。


歯周病の原因としては・・・

日本臨床歯周病学会によると、歯周病には、口の中に棲みついている

およそ300~500種類の細菌が関係しています。


これらは、普段、悪いことをしませんが、歯磨きが不十分だったり

砂糖を過剰に摂取すると、細菌がネバネバした物質を作り出し

歯の表面にくっつきます。


これを、歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強く

うがいをした程度では、落ちません。


このプラーク1㎎の中には、10億個の細菌が棲んでいると言われていて

虫歯や歯周病を引き起こします。


歯周病は、プラークの中に棲み着く特定の細菌(歯周病菌)が

引き起こすことが、判っています。


プラークは取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し

歯の表面に強固に付着します。


この歯石の中や、周りに細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けるのです。



最新記事

すべて表示

体温を知る

健康のバロメーターには、血圧や呼吸数、体温など 様々なものがあります。 中でも、体温は、家庭で測れる身近な体調チェックの手段です。 体温を知るということは、体調を知ることにもつながり、健康管理の為に大切です。 理想の体温は・・・ 体温は、高すぎるのも低すぎるのもよくなく 個人差はあるものの、理想とされる体温は 36.5~37.1℃とされています。 体温は体の部位によって、異なった値を示し 手足や皮

通風対策について

まず大切なのは、生活を見直すことです。 尿酸値が高い、通風発作が起こっている状態は 体のSOSです。 生活習慣を見直して、通風の発作予防や再発防止に努めましょう。 そこで、尿酸値が原因になりますので、 まずは、尿酸値を上げにくい生活習慣を取り入れてください。 ① 適度な運動を習慣にする。 尿酸を増やす肥満やストレス解消のためにも 積極的に体を動かすことを、習慣にして、尿酸値を下げましょう。 但し、

痛風について【2】

痛風・・・・ 文字通りですが、どうして、そんなに痛いのでしょうか? 尿酸は、血液中に溶け込んでいます。 しかし、量が増えすぎると、溶けきれなくなった過剰な尿酸が 結晶化して、関節や組織に溜まっていきます。 運動などをきっかけに、この結晶が関節液中に はがれ落ちると、外敵から体を守る免疫細胞が はがれた結晶を異物と見なして、攻撃し、 激痛を伴う炎症を引き起こします。 これが慢性化すると、足の親指の付

Comments


bottom of page