top of page
  • info070711

看板で~

うちのお店の正面には、3本柱のように

大きな看板が、3本あります。

そのうちの1本に、次のような言葉が、書かれてます。


    『病気は 体力で 治そう 

        元気が一番!   』


そして、たまたま、外で作業をしていると

声をかけられて・・・

「この看板の言葉が、良いなぁって、思ってて

 以前、来た時にも思ったんだ!

 やっぱり、コロナもこれが、大切よね?」

もちろん、私は答えました。

「薬がないから、最後は体力がないとって思いますよ。」

その方も、納得されて、写真を撮って帰られました。


以前にも、この看板に導かれるように、ご来店された方もいたので

そのことも、思い出しました。


本当に、病気にならない人は、少ないと思います。

健康は、病気にならないことではないのです。

病気になっても、健康に戻れる力があれば治るんです。

そんな身体作りが、今、重要だと思っています。

こんなことばかり、お店でやってます!


ご興味のある方は、ぜひ遊びにきてください。



最新記事

すべて表示

漢方薬のお話

漢方薬は東洋医学の領域で、東洋医学の反対語のような言葉に 西洋医学があります。 この西洋医学は、投薬や手術といった方法で 身体の悪い部分にピンポイントでアプローチして治療していきます。 一方東洋医学では、体の本来備わっている自然治癒力を高め 患者自身が病気を治す手助けをすることを目的としています。 よく、勝手に治ったとおっしゃたことがあると思いますが それは、自然治癒力が働いたおかげなのです。 ち

眼精疲労の原因と予防

眼精疲労の原因で、一番多いのが、スマートフォンやパソコンなどの 画像表示端末機器を長時間使用する事による目の疲れです。 集中して、画面を見つめて、動きがない状態が続くと 眼球を動かすための7本の筋肉と、 ピントを合わすための水晶体の厚さを調節している筋肉が 筋肉疲労を起こすことが生じます。 また画像表示端末の作業で、まばたきが減り コンタクト装着だったり、エアコンの風が当たる環境などで 涙が蒸発し

眼精疲労

私達は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という「五感」を駆使して 生きるためにの情報をキャッチしています。 目を通じて得られる情報は、80~90%と言われているので 目は、非常につかれます。 目で物を見る仕組みは、目をカメラに例えることで わかりやすく説明出来ます。 角膜(目の一番外側の組織で透明)と水晶体(厚さ約4ミリ前後、直経約9ミリ で凸レンズの形状で無色透明)はピントを調節するレンズに、 網膜

Comentários


bottom of page