top of page
  • info070711

給湯器><

実は・・・

家の給湯器が、2年ぐらい前に、一度エラーメッセージが出て

でも、その後は、何も起きず、使えてたんです。


そして、昨年、数回エラーメッセージが出たものの

やっぱり、使えてたんです。

でも、いま、給湯器は、すぐに入荷しないということだけは

もちろん、テレビで見て、知っていたので、大阪ガスの

知り合いの方に、注文はしていたんですね。

いつ入ってくるか、わからへんよって、なんども言われましたが・・・


ところが、今年の5月に、一度、カワックを使って

洗濯物を乾かした後から、エラーメッセージの出る回数が

急増してしまって・・・

さらに、この数日、始めの5分くらいしか、

お湯が出ないという怖ろしい事態に・・・


でも、偶然にも、先月末に、注文していた給湯器が

入荷したと、連絡をもらったので、あとは

入れ替えをしてもらう日時さえ決まれば

お湯も、復活~!


ほんとに、今が夏で良かったと思います。

それでも、お湯がでないと、寒いですよ~><


最新記事

すべて表示

加齢に伴う目の病気【3】

昨日の緑内障の補足ですが・・・ 角膜と水晶体の間にある房水が排泄できなくなる疾患ですが この房水は、血管がない角膜や水晶体に酸素と栄養を送り その透明性を維持しています。 網膜にある視細胞は、外界から届けられた光(像)を 電気信号に変える役割があり、網膜の毛細血管は 視神経の機能を維持しています。 この水と血液の流れは、目の健康を維持するうえで、極めて重要です。 加齢黄斑変性症とは・・・ 加齢に伴

加齢に伴う目の病気【2】

角膜(目の中央にある透明な組織で、黒目の部分の外側に位置)と 水晶体(カメラでいう凸レンズのような役割)の間は 房水という栄養を含んだ液体で満たされています。 緑内障は、この房水の排泄が行われなくなったり 流れが悪くなった結果、眼球内部の圧力(眼圧)が高まり 視神経を傷害する疾患です。 急性緑内障は、房水が全く排泄されず 眼圧が急上昇する状態で、激しい頭痛と目の痛みが起こります。 失明の危険がある

加齢に伴う目の病気

白内障、緑内障、加齢黄斑変性症などの目の病気は 加齢や目の使いすぎにより、気づかないうちに進行します。 早期発見、早期治療を行うとともに 生活習慣病の改善により、進行を遅らせることが重要です。 白内障は、水晶体(カメラでいう凸レンズのような役割)が 濁ることで起こる病気で50歳以上の人で、 視力低下やかすみなどの症状があれば 白内障のおそれがあります。 次の症状チェックリストは、すべて白内障にみら

Comments


bottom of page