top of page
  • info070711

難聴

聴覚は、視覚と同様に、人間生活にとって大切な感覚機能です。


加齢によって、もろもろの機能が低下しますが、

実は聞こえなくなるのは、加齢が原因とは、限りません。


最近では、プレイヤーやスマホなど、イヤホンなどで音楽を

長時間聞く機会が多くなったことで起きるイヤホン難聴など

内耳の破壊による難聴が問題視されるようになりました。


難聴とは、「聴こえ難くなる病気」で、「全く聴こえない」病気ではありません。


急に聞こえが悪くなった場合は、「突発性難聴」の可能性があります。


難聴には、先天性難聴、他の疾病に起因する難聴、薬物性難聴や

原因の分からない突発性難聴など、様々な要因によります。


しかし、難聴の中で最も多いのは、加齢によって進行する老人性難聴です。


難聴の中でも、先天性難聴や老人性難聴は、回避しがたいものですが

突然耳が詰まったような圧迫感を感じる突発性難聴は、

早期の適切な治療で、その6割は、よくなる言われています。



20~2万ヘルツの音振動に対する感覚を聴覚といいます。


耳は、外耳、中耳、内耳から構成されていて

外耳から入ってきた音源は、鼓膜を振動させます。


その振動が中耳の耳小管に伝わります。

この場所で、音の振動は増幅されて、内耳の蝸牛に伝わります。

この蝸牛は、内耳にあり聴覚を司る感覚器官で

ここには、音を感知する大切な有毛細胞があります。


有毛細胞が、外部からの音振動を感知する電気信号に変換されて

聴覚神経を伝わって大脳の聴覚中枢に到達して、やっと音として

認識されます。


したがって、これらの経路のいずれの部位に障害が発生しても

聴き取りにくいという「難聴」となります。



最新記事

すべて表示

体温を知る【2】

体温は、年齢による差があり、子供はやや高く、高齢者はやや低めです。 子供は、熱の放散が上手くいかず、発熱しやすい傾向にあります。 成長とともに、体温は少しずつ下がり、10歳ぐらいになると 一定の値になります。 その後、高齢になると、再び体温は、低下していきます。 高齢の方では、若いころの平熱とは違っている可能性もあるため 体調の良い時に体温を測り、自分の平熱を確認しておくとよいと思います。 また、

体温を知る

健康のバロメーターには、血圧や呼吸数、体温など 様々なものがあります。 中でも、体温は、家庭で測れる身近な体調チェックの手段です。 体温を知るということは、体調を知ることにもつながり、健康管理の為に大切です。 理想の体温は・・・ 体温は、高すぎるのも低すぎるのもよくなく 個人差はあるものの、理想とされる体温は 36.5~37.1℃とされています。 体温は体の部位によって、異なった値を示し 手足や皮

通風対策について

まず大切なのは、生活を見直すことです。 尿酸値が高い、通風発作が起こっている状態は 体のSOSです。 生活習慣を見直して、通風の発作予防や再発防止に努めましょう。 そこで、尿酸値が原因になりますので、 まずは、尿酸値を上げにくい生活習慣を取り入れてください。 ① 適度な運動を習慣にする。 尿酸を増やす肥満やストレス解消のためにも 積極的に体を動かすことを、習慣にして、尿酸値を下げましょう。 但し、

Comments


bottom of page