top of page
  • info070711

水虫の予防するには・・・

白癬菌が皮膚についても、すぐに感染するわけではありません。


白癬菌が角質層の中に侵入するには、24時間以上かかると言われています。


その間に、拭いたり洗ったりすれば、感染確立は、ぐっと低くなります。


予防として、5つのポイントがあります。


①毎日の入浴は、とても、効果的です。

★石鹸で足の指の間まで、やさしく丁寧に洗いましょう。

 ごしごし洗いは、悪化のもとですので、丁寧に。

★洗った後は、よく乾かすことが、重要です。


②靴下と靴が大切です。

★靴下は、吸湿性・通気性の良い綿や麻の素材を選びましょう。

★靴は、履く時間を短く、毎日履き替えましょう。ムレないことが大切です。

  

③日用品、ペットに気をつけてください。

★いつも湿っている可能性のあるバスマットは、白癬菌の棲み家です。

いつも乾燥させておきましょう。

★白癬菌は、剥がれ落ちた皮膚の中でも、生き続けるほど生命力が強く

それに触れることでも、感染します。スリッパを共有せず、こまめな掃除を

心がけてください。

★犬や猫など、可愛いペットにも、白癬菌がいます。触った後は手を洗ってください。


④皮膚を強くする。

★しっかり栄養を摂り、皮膚の抵抗力を高めてください。

★タバコは控えめに。それは、タバコの成分のニコチンの血管収縮作用により

皮膚の再生が遅れ、水虫が悪化します。

 

⑤水虫用塗り薬を使う。

★皮膚の角質層が新しく入れ替わるまでの少なくとも4週間は

薬を続けてください。治ったと思っても、すぐに治療を止めずに

2~3ヵ月程度は、治療を継続することが再発予防になります。

★家族に水虫のある人がいれば、家族全員で、治療してください。

★しばらくしても、全く症状が改善しない場合は、医師に相談を!

★また爪白癬は、塗り薬では、治りにくいので、早めに医師に相談してください。



最新記事

すべて表示

体温を知る

健康のバロメーターには、血圧や呼吸数、体温など 様々なものがあります。 中でも、体温は、家庭で測れる身近な体調チェックの手段です。 体温を知るということは、体調を知ることにもつながり、健康管理の為に大切です。 理想の体温は・・・ 体温は、高すぎるのも低すぎるのもよくなく 個人差はあるものの、理想とされる体温は 36.5~37.1℃とされています。 体温は体の部位によって、異なった値を示し 手足や皮

通風対策について

まず大切なのは、生活を見直すことです。 尿酸値が高い、通風発作が起こっている状態は 体のSOSです。 生活習慣を見直して、通風の発作予防や再発防止に努めましょう。 そこで、尿酸値が原因になりますので、 まずは、尿酸値を上げにくい生活習慣を取り入れてください。 ① 適度な運動を習慣にする。 尿酸を増やす肥満やストレス解消のためにも 積極的に体を動かすことを、習慣にして、尿酸値を下げましょう。 但し、

痛風について【2】

痛風・・・・ 文字通りですが、どうして、そんなに痛いのでしょうか? 尿酸は、血液中に溶け込んでいます。 しかし、量が増えすぎると、溶けきれなくなった過剰な尿酸が 結晶化して、関節や組織に溜まっていきます。 運動などをきっかけに、この結晶が関節液中に はがれ落ちると、外敵から体を守る免疫細胞が はがれた結晶を異物と見なして、攻撃し、 激痛を伴う炎症を引き起こします。 これが慢性化すると、足の親指の付

Commentaires


bottom of page