top of page
  • info070711

1日の好スタートは朝食にあり

「やる気や食欲がでない」「イライラする」「眠い」「頭痛がする」などといった

経験はないでしょうか?


このような症状は、自律神経の乱れによって引き起こされています。


自律神経の乱れを乗り切り、快適に過ごしていきたいですね。


そのためには、1日の始まりに朝食を食べることが大切です。


次のような悩みは、ありませんか?

・午前中、なかなか仕事がはかどらない

・午前中によくお菓子を食べる

・ランチの後に眠気やだるさを感じる

・夕食時間が不規則

・寝つきが悪い

・あまりお腹が空かない

・体が冷える

・血色が悪い

・運動しても瘠せない

・運動しても筋肉がつかない


以上のような悩みは、朝の過ごし方を変えることで、解決できるかもしれません。


朝食の主な役割は、2つあります。

まず、1つ目

脳と身体を目覚めさせます。

朝は、脳のエネルギーが不足している状態。

朝食を食べずに活動を始めるのは、ガス欠状態で車を走らせるようなものです。

身体は動いても頭はボンヤリしながら過ごしている可能性があります。

ガソリン(=糖質)を朝食で補給し、脳と身体を目覚めさせることが大切です。


2つ目

身体のリズムを整えます。

人間の身体に備わっている体内時計は、睡眠や体温、血圧などの

コントロールをしています。

起床後は、朝食を食べて体温が上がったりすることにより

内臓など身体のさまざまな機能がリセットされ、1日24時間のリズムで動き出します。

リセットされないで活動すると体内時計が乱れ、心や身体のバランスが保てなくなるため、

朝食を食べて身体のリズムを整えることが大切です。

他にも、基礎代謝を高めて肥満や生活習慣病の予防につながる、

胃腸を刺激して朝の排便の習慣ができるなど

健康な身体を作るための大切な役割があります。


オススメの朝食は・・・

卵かけごはん 納豆ごはん ツナサンド 卵サンド などです。

また、果物や味噌汁・スープなどのビタミンやミネラル類をプラスすると、

さらにGOODです。



最新記事

すべて表示

漢方薬のお話

漢方薬は東洋医学の領域で、東洋医学の反対語のような言葉に 西洋医学があります。 この西洋医学は、投薬や手術といった方法で 身体の悪い部分にピンポイントでアプローチして治療していきます。 一方東洋医学では、体の本来備わっている自然治癒力を高め 患者自身が病気を治す手助けをすることを目的としています。 よく、勝手に治ったとおっしゃたことがあると思いますが それは、自然治癒力が働いたおかげなのです。 ち

眼精疲労の原因と予防

眼精疲労の原因で、一番多いのが、スマートフォンやパソコンなどの 画像表示端末機器を長時間使用する事による目の疲れです。 集中して、画面を見つめて、動きがない状態が続くと 眼球を動かすための7本の筋肉と、 ピントを合わすための水晶体の厚さを調節している筋肉が 筋肉疲労を起こすことが生じます。 また画像表示端末の作業で、まばたきが減り コンタクト装着だったり、エアコンの風が当たる環境などで 涙が蒸発し

眼精疲労

私達は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という「五感」を駆使して 生きるためにの情報をキャッチしています。 目を通じて得られる情報は、80~90%と言われているので 目は、非常につかれます。 目で物を見る仕組みは、目をカメラに例えることで わかりやすく説明出来ます。 角膜(目の一番外側の組織で透明)と水晶体(厚さ約4ミリ前後、直経約9ミリ で凸レンズの形状で無色透明)はピントを調節するレンズに、 網膜

Comentários


bottom of page