top of page
  • info070711

肩の痛み

肩の痛みに悩まされたことはありませんか??


現代社会は、肩の痛みを引き起こす要因(運動不足やストレス、加齢など)で

溢れています。

 

今回は、多くの方が悩んでいる肩の痛みについて、ご紹介したいと思います。


肩の痛みを訴えているのは、40~60歳代の働きざかりの

中高齢者が多いことがわかっています。(日本関節学会より)


肩が痛む原因は、様々なものがありますが、その中でも多くの人を

悩ませているのが『肩こり』と『五十肩(肩関節周囲炎)』です。


特に『肩こり』は、様々な年齢の男女を対象に行った

『気になる症状』調査で、男性で2位、女性で1位でした。

そこで、肩の痛みにさよならするためには、原因と対処方法を知ることが

大切です。


肩こりは首や肩の筋肉(僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋など)が疲労して緊張することで

筋肉の血液循環が悪くなり、不快感、だるさ、痛みを感じる状態のことです。

つまり、筋肉疲労から肩こりは生じます。


肩こりのメカニズムとしては

血行が悪くなると酸素の供給が不十分になり、ブドウ糖が不完全燃焼します。

この不完全燃焼のブドウ糖が乳酸などの老廃物に変化します。

この溜まった老廃物が筋肉や周辺の末梢神経を刺激します。

この刺激・・・痛みにより、周辺の筋肉はますます緊張し、

さらに肩こりが悪化するのです。


要因としては

生活が便利になり、体を動かす機会が減少したことで

筋力が低下し、筋肉が疲労しやすくなっています。(運動不足)


姿勢が悪かったり、同じ姿勢を長時間続けることは、首や背中の筋肉に

必要以上の負担がかかり、筋肉が疲労します。(姿勢の悪さ)


ストレスは自律神経を緊張させ、末梢血管を収縮させます。

その結果、疲労物質が蓄積しやすくなり、筋肉が疲労していきます。(ストレス)


明日は、五十肩についてと、対処法について、ご紹介します。


最新記事

すべて表示

漢方薬のお話

漢方薬は東洋医学の領域で、東洋医学の反対語のような言葉に 西洋医学があります。 この西洋医学は、投薬や手術といった方法で 身体の悪い部分にピンポイントでアプローチして治療していきます。 一方東洋医学では、体の本来備わっている自然治癒力を高め 患者自身が病気を治す手助けをすることを目的としています。 よく、勝手に治ったとおっしゃたことがあると思いますが それは、自然治癒力が働いたおかげなのです。 ち

眼精疲労の原因と予防

眼精疲労の原因で、一番多いのが、スマートフォンやパソコンなどの 画像表示端末機器を長時間使用する事による目の疲れです。 集中して、画面を見つめて、動きがない状態が続くと 眼球を動かすための7本の筋肉と、 ピントを合わすための水晶体の厚さを調節している筋肉が 筋肉疲労を起こすことが生じます。 また画像表示端末の作業で、まばたきが減り コンタクト装着だったり、エアコンの風が当たる環境などで 涙が蒸発し

眼精疲労

私達は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という「五感」を駆使して 生きるためにの情報をキャッチしています。 目を通じて得られる情報は、80~90%と言われているので 目は、非常につかれます。 目で物を見る仕組みは、目をカメラに例えることで わかりやすく説明出来ます。 角膜(目の一番外側の組織で透明)と水晶体(厚さ約4ミリ前後、直経約9ミリ で凸レンズの形状で無色透明)はピントを調節するレンズに、 網膜

コメント


bottom of page