top of page
  • info070711

イヤホン難聴【2】

昔は、難聴になるような大きな音に、長時間晒される環境は

職業性のものが、ほとんどでした。


しかし、近年はスマートフォンの普及によって

場所を選ばず、長時間の音楽鑑賞が可能となっていて

イヤホンの利用時間の増加が問題視されています。


世界保健機構のWHOでは、現在11億人もの若者(12~35歳)が

携帯型音楽プレイヤーやスマートフォンなどによって

聴覚障害のリスクに晒されていると報告しています。


少しでもイヤホン難聴を予防するには・・・


★有毛細胞を休憩させること

人は85㏈以上の音(おおよそ間近で聞く救急車のサイレンの音)に晒された場合

音の大きさと聞いている時間に比例して、有毛細胞が傷つき

壊れていきます。


聴覚障害にならない安全な音の目安は

80㏈(走行中の電車の車内やピアノの音)の場合に

1週間あたり、最大40時間とされています。


電車内では、周囲の騒音があるため、イヤホンの音量を上げてしまうことが多く

その場合は、80㏈を超える音に耳が晒される可能性が高いため

注意が必要です。


聴覚を守るためには、連続してイヤホンを使用せず休憩をとること、

使用は1日1時間以内に制限することが、WHOで推奨されています。


★有毛細胞の回復を助けること

難聴の増悪因子の一つに、血流障害が知られており

内耳の血流が減少することによって、有毛細胞が障害を受けている

可能性が報告されています。

十分な睡眠、適度な運動、バランスの良い食事など

生活習慣を整えて血流改善を心がけて有毛細胞の回復を助けましょう。



最新記事

すべて表示

漢方薬のお話

漢方薬は東洋医学の領域で、東洋医学の反対語のような言葉に 西洋医学があります。 この西洋医学は、投薬や手術といった方法で 身体の悪い部分にピンポイントでアプローチして治療していきます。 一方東洋医学では、体の本来備わっている自然治癒力を高め 患者自身が病気を治す手助けをすることを目的としています。 よく、勝手に治ったとおっしゃたことがあると思いますが それは、自然治癒力が働いたおかげなのです。 ち

眼精疲労の原因と予防

眼精疲労の原因で、一番多いのが、スマートフォンやパソコンなどの 画像表示端末機器を長時間使用する事による目の疲れです。 集中して、画面を見つめて、動きがない状態が続くと 眼球を動かすための7本の筋肉と、 ピントを合わすための水晶体の厚さを調節している筋肉が 筋肉疲労を起こすことが生じます。 また画像表示端末の作業で、まばたきが減り コンタクト装着だったり、エアコンの風が当たる環境などで 涙が蒸発し

眼精疲労

私達は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という「五感」を駆使して 生きるためにの情報をキャッチしています。 目を通じて得られる情報は、80~90%と言われているので 目は、非常につかれます。 目で物を見る仕組みは、目をカメラに例えることで わかりやすく説明出来ます。 角膜(目の一番外側の組織で透明)と水晶体(厚さ約4ミリ前後、直経約9ミリ で凸レンズの形状で無色透明)はピントを調節するレンズに、 網膜

Comments


bottom of page